人生は肩代わりできない(1)

「人生は肩代わりできない」というメッセージは、当たり前といえば当たり前であるが、自分で認識して、選んで、行動するということも実は誰かのせいでもなく、肩代わりできない自分のものである。そう考えてみると、人生すべてが自己責任だといえるかもしれない。(2014年6月)

人が本当に笑っている世界、一部の人ではなく皆が(それが理想?)。表面的な流れと、裏のコントロールしたい側の流れ(→参照「コントロールする者」は太古からある。

―たぶん、私たちはそういう闘争とは関係ないね。ここで話していることが大事だと思い、楽しく生きていれば、周りの人は楽しそうな人の方へ来たいと思うだろうね。

だから、今までそういう風な人がいなかった。そうしないために(ある者たちが)罪悪感を飢えつけた。楽しそうにしているけどいいのかしら、みたいな。 

―自分で認識して、自覚して選択し、その結果を引き受ける覚悟をすれば、「われわれさん」たちは(手助けに)介入することができるという話だった。そうじゃない人に手は出せない。

その人が選択しなければ、手が出せない。その人の人生はその人のもの。SOSを出すということは、必要なことを認識して行動しているから手が出せる。 

「助けて」(というSOS)だけでは「何を?」になる。人が人を助けることはできない。人に対しては手助けしかできない。ヒントは出せる。そのヒントで行動するかも選択。自分で選んでいいんだ、ということをわかってほしい。とてもこの世界は単純。 

いいと思われることでも悪いと思われることでも最終的に「おケツを拭くのは自分自身」で、逃げることはできない。 

人間に何千回も伝えてきている。何億年も伝えてきている。でも伝わらない。 

―はじめに「われわれさん」を信頼しているが信じていないと言ったのは「信じる」は良い悪いを考えずに信じるが、自分で認識して、自覚して、それを選択することが大事。信じるではなく認識する、ということが大事だ。

誰も誰かの人生は肩代わりができない。するべきではない。信じなさいは違う。信じるか信じないかを選択してね、と。いやならやめてね。私たちは、これは良いと思ってやっているのよ、「見てね」がホント。 

今までの宗教は信じてね、やめたら祟るよ、誰が? ()

でも一番怖いのは生きている人。考えるのも人間、システムに移行するのも人間、お化けは人間に何もできません。怖がる必要はない。人間の方が強い。

一分一秒、生きていることが奇跡だからね。息をしているということ、細胞が生きているということはコントロールしている精神体がいなければできないこと。それこそ不思議なこと。 

だから次に選択することが大事。自分の経験の中でしかできない。堂々と選択をしてほしい。今の段階の自分の選択だと思ってほしい。そうすることは今の自分自身を認めることになる。認められると自分自身、細胞も含めてうれしくなる。存在を認めることになる。だから堂々とやってほしい。間違えることもないし。経験があるだけだから。(続く)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。