シンプルな心と体

新型コロナウイルスの話題から、私たちの生き方に及ぶ。自分の心にフタをしたり、言い訳をせず、つねにシンプルに考えること、選択肢が自分にあることを意識したい。

善悪で行動しない

(医療業界の権力構造の腐敗がコロナを機に見え始めたことを例にして)ダメなところ、弱いところ、けがしたところ、病気のところは、見えなければ直せません。 

―今、言っていることは、人間の腐敗ってことでしょ。

腐敗も含めて、それを「腐敗」というならば。

人間が人間として動いているときに、つまんなく動いているよね。それぞれが。シンプルじゃなく…。

―つまんないっていうよりは、自分の良心に恥じるような行いをたくさんしていることだよね?

それを知っていながらしてるよね。

―そういうところが身体へも影響を受けやすいの?

受けやすい。

なぜなら、もともと(人間は)人を攻撃したり、悪いことをしたりするようにできてないんだ。逆に良いことをしたり、良いことをするようにもできていないんだ。

シンプルに「これはどうだろう…」っていう風にできているんだ。 
だけど、あまりにも極端に、悪いこと、偽善をやっちゃうと身体が、拒否するんだな。脳みそと。

 

選択肢は常に自分

―そういう人は免疫力が下がるのかな?

なる。(心も体も)中の中が納得してないんだ。その人たちの。本当は。

やりたくない、立場だからやらなきゃいけない、全部言い訳なんだよ。

でも、身体はイヤだから病気になるんだ。

選択肢はどんな形でも自分にある。

―でも仕方のないこともあるよね。生きてきた縁もあるし。

だからこそ、起きなさい、目を開きなさい、シンプルに。

―今まで自分が選択してきた中で、そういうどうしようもないところに来ているわけだからね。

違うもの、選択もあるよって。

―そうか、違うものもあるし、ある意味その尻ぬぐいもしなくてはならないしね。(2020年2月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA