さきがけ(3)

―(メッセージは)今のところではないところから引っ張り出して(=降りて)くることもあるようですね。今話をしていたみんなの思念のつながっている場所ではないところからも引っ張ってきているでしょ?

う~ん、向こうから見たらこちらも宇宙人だよね。向こうは向こうの呼び方があるから。

―宇宙の存在? それとも次元が違う場所の存在?

え~~と、宇宙という名前ではない。この次元ではない空間。地球外生命体ではなく、多次元の…..

―私たちが暮らしている次元の他にもたくさんの次元があってそこにいろんな意識体があるんだ。

もちろん。パラレルワールドではない。

パラレルワールドは重なっているんだ。パラレルワールドは意識の集合体で、違う選択をした時に現れる世界なんだ。今飲んだのが紅茶か、コーヒーかで違う。ひとつひとつの選択でできる無限の世界なんだ。自分のエネルギーとか、自分にかかわるものがなければパラレルワールドには行けない。

私が言いたいのは次元と次元のはざまにあるエネルギーフィールドって言ったらいいのかな。ワールドではない、フィールド。膜(=次元の事?)と膜の間にあるもの。

ただし、集合意識はある。みんなが神と言うのは集合意識体じゃない。難しいんだよ。こちらの言葉で説明するの。

―そのはざまにある意識はすべての人のもの? 私だけ?

向こうは「個」という意識がないから。すべてになる。OPEN THE MIND

―それはひとつふたつというか、種類というかはあるのか?

う~ん、種類はあるというか、でもこちらでいう白人、黒人、日本人とかいう種類ではないけど…。

―非常に説明が難しいと思うんだけれど、人間という入れ物の中に心があるとして、それがどこにつながるかということで。パラレルワールドは人の選択でできる世界でそれは違うので置いておいて。3次元の意識が4次元、5次元と拡大していったとしてね、例えば3次元の私の意識、4次元の私の意識、5次元の私の意識はあるんだよね。

ある。(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA