ことのはを大切に

今日のテーマは抽象的にも聞こえるが、この激動の世の中での生き方、どう生きるかは、自分たちで選択できる時代に入っていることを指していると思う。権威や見せかけ、見栄といったものでなく、シンプルに行動し、シンプルに生き方を選択することが求められているのだろう。

ー日本の神様は、激動の中、これから未来のために頑張ってくださってるんですねー?

へ。いまさら何?

だって時が来たんだからしょうがない。
人が目覚める時。
目覚めたということを知らしめる時。
選ぶのは何か。

―え、ここにいるみなさん、起きました(目覚めました)?

(笑)

―自分が起きているかどうか、不安だなあ。私、起きてたかしら…。

ーあのー、もうすぐこのお話し会は8年になるんですよ、知ってました?

ここに来られたということはそれ自体、起きているってことだ。

―よかったあ、起きてたんだ(笑)。

 

周りもだけれど、(これから)「守り」は強くなるからヘタに怯えなくていい。

だから、神事もだけれども、やる事柄はやるし、動いているし…。

―なんだか、わかりやすくなってきたんだよね。 

わかりやすくしたんだよ。

そしてシンプルがいいよって何回も言っている。
選択は何にするかだけなんだ。

選択しないというやりかたでもいいんだ。 

まずは身体を大切にして、自分の身体を大切にできたら、自分の一番近しいところの身体を大切にする。
それは言葉で大切にできる。日本にはきれいな言葉があるじゃない。

「ことば」だって、濁らなくて「ことのは」。

「つむく」。「つむぐ」でなくてね。

きれいな言葉を勉強してもいいね。自分たちが使う中で。それはエネルギーになるから。

―ことばは力があるね。特に日本語は。

いろいろな「なおひ(=いろいろな穢れを直す神)」があるんじゃないのかな。

(2020年6月)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA