「あちら」の世界への認識

(今の時代は、見えない世界、あちらの世界への認識が変わり)普通のカテゴリーが変わってきた。普通だったから流してきたけど、なんだろうって考えるようになってきた。

―そんな感覚を持っている人は、その感覚の大小はあってもかなりいたんだと思う。それ(見えない世界が私には見える、etc.)を言えるか言えないかだったけど。

言う時は怖いよ。どこででも、親しければ親しいほど。カミングアウトだよね。でも、今はどんどんカミングアウトしている。周りの流れが変わってきている。世間の意識・認識が変わってきた。

―現実の世界の意識認識も変わってきたから、見えない世界も変わってきたのかな。

こちらの世界の意識が変わってきたので、壁も薄くなってきたでしょうし、それで何か壁の向こうを垣間見ることもあるだろうし、そちらの人物・人材にも会うだろうし。そういうものに抵抗、嫌な感情を持つ者が少なくなったのと、好奇心を持つ者が増えた。好奇心が強くなった。

こちら側のそういうものに対する感情が変わったので、向こうもスルッと入れる、そういうような重なりだと思う。「促し」はあったかもしれないけど、知らないうちに重なって、昔は不信感もあったけれど、好奇心のほうが強くなった。

―それを否定する世の中ではなくなってきたのかな。

大らかっていうか、黒でも白でもないという、グレーな部分に寛容になったっていう感じかな。そういうものに対する感情、感覚が変わってきたというのは(われわれの)悲願だったね。

二種類に分かれてるね、好奇心を持つ人間、それは好意的、もうひとつは利用するという人間、信じる信じないではなく、あると認めるけどね、これは企業とか男性に多いかな。面白いことに男性も受け入れ始めている。

―今、時間が加速しているのと、こういう世界のことも受容できる、寛容性が増してくる、まさにそのスピードが加速している感じがする。

そうだね。企業でもユニークな人、今までは裏でしか動けなかった人たちが前面に出てきている。

―特殊だというのではなく、何かの能力に長けている、つまり速く走れるとかと同じ何だと思うようになってきた。

そう、私なんかは先祖返り。先祖の記憶、認識を忘れていないだけだ。足が速い人とか、海に深く潜れるとか、見たものを一瞬で記憶できるとか、それが能力なんだ。それぞれが特別な能力をもっているんだ。それを人が認識し始めた。自分にはどんな能力があるんだろうと思うといいね。

―私にそういう能力があるということではなく、そういう人たちや興味を持つ人たちと多く接していると、そういう風になってくることもあるよね。

そういう選択もしているってことだ(笑) だから選択というのはとても重要で真剣にするべきだね。(2017年5月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA