日本と天皇(2)

前回の続き。以前、即位の礼の時期にも取り上げたが、真夜中の大嘗祭で天皇は天皇霊を降ろすために、一度仮死状態となるらしい。歴代の天皇の歴史をダウンロードすることになる命懸けの立場である。

――日本のような国は他にあるんですか?

ない。

似ているのはチベット。ただし似ているだけだがね。

――チベットは国として、経済や何かも全然だめだから。日本は一応、世界の中で国として高い位置を確立したうえで、そういうものもこちら側で持っているってすごくことじゃない?

こちら側で持っているから確立させたんじゃないの。抑えるために。

 

天皇霊の存在

――いつもいう、まだ日本は植民地っていうのは、いまだにコントロールされているんですか?

天皇は知っているからコントロールというより、妥協かな。

(自国を守るために、アメリカや諸外国にコントロールされても、という意)

そうであったとしても何かの想い、それからどんな形でも民草を守らなければという強い意志。

身体が無くなったとしても天皇霊、歴代の天皇はいるから。 

――だってあれだけの霊的なものを持っていたら、身体が無くなってもその力は残るだろうね。

歴代の天皇がいろいろいるじゃない。天皇という名前になってから。

――大嘗祭をやって神様、天皇霊が降りると別のものになるんだね。

だからきついと思うよ。歴代の闇も見せられるだろうし、光も見せられるし、今後の重圧も見せられるんだから。

だから本当に(大嘗祭で天皇霊を降ろすときに)一度死ぬんだよ。それぐらいきついよ。

だから名前が変わっても天皇なんだよ。上質な、いい部分もあるし、闇にどっぷりの部分もある。きれいごとだけではできない。

――最近、今上天皇のたたずまいが変わってきたような気がする。

目が変わったはずだよ。

だから10あるとして、そのうちの6は過去の天皇たちの呪が入ったわけだ。4割自分でも6割は違うわけだ。

感覚も見せ方も言の葉も。

(続く)

(2021年11月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング