神道を踏む

地震で警戒したい地域の話題から。神社と地震は深い関係があることを考えさせられる。

神社を訪ねる意味

富士山のことを言っておけばいいって思っているじゃない。そこじゃないじゃない。もっとひどいところあるじゃない。

箱根、和歌山のあたり。田辺のほう。

―ずっと言っているけど、和歌山と四国の間の海が揺れたら怖いって。そこが揺れたら東南海地震につながるかも知れない。

日向灘(宮崎県東部沖合)は揺れたけど、少しズレたじゃない。でも和歌山のあたりが揺れると、九州にも北海道にも影響を及ぼしちゃうんだ。ただし、分散はしやすいんだ。

 

古古神は起きている

―(メンバーの一人が)GWに大峰奥駆道を歩いて熊野本宮まで行ったって。

今、大きな神社に行けたら行ってほしいんだ。足跡をつけてほしい。四股を踏むみたいに。起こすという意味合いと、正すという意味合いがある。

―その場所を踏むというのは非常に重要だと昔から言っていたね。

そう。神社と神社の間の道も神の道、神道だよ。お寺さんとお寺さんの間も神道だよね。つながった道だから。

山の辺の道(奈良)とか。例えば血管の上の皮膚をとんとんって叩くと起こすわけだ。そうすると中のほうも起きるわけだ。そういうこと。もう古古神は起きている。人間ができることだ。

瞬時に選ぶことを間違えることはないから。

―どうしようかなあ、なんかやだなあ、でもなあ、ってずるずる考えると間違えるんだよね。

―白浜(和歌山県)の地震は危ないですか?

白浜は大丈夫。でも揺れたら影響がある。

みんなって最悪の想像はするじゃない。でも最高の想像はしないのよ。そうならなかったらって。そういう想像をしてほしい。その想像でいろいろは成り立っていくから。どうせだったら楽しいことを信じようよ。ホントに人の力、想いも強くなっているからね。(2019年5月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA