気象操作(2)

昨日の続き。人の思いや念が気候と関係するとは思いもよらないが、メッセージを聞いているとそれが自然なことであると感じられる。

大型台風は人の「念」

―この間の台風19号、あれは気象操作があったんじゃないかな。そうでなければあんなに大きくならないでしょ。

あれは操作というより人の「念」ですよ。要するにみんなの(念)です。

祈ったのではなくて、(人々が)謙虚さを忘れ、ありがたさを忘れて、当たり前になりすぎた。当たり前になると余裕がなくなるから他のものが欲しくなるんですよ。

悪口、陰口、なんで私だけがってなるんですよ。そういう念がいっぱい集まって、ああやって(台風が)大きくなって呼び寄せるわけですよ、災害を。厄災を。

だから逆に謙虚に、持っている者が持っていない者に渡す、上から目線で分け与えるのではなく、お互いにシェアするという気持ちになれば(台風、災害は)小さくなっていくから。

 

足るを知る 

だいたい昔から、人間っていうのは意識的だろうと無意識的だろうと、天候をある程度操れるのよ。だからいろんな各所に、雨乞いとかの場所がある。そういうことが起こるからそういう場所も話もあるのよ。

人間は感覚が鋭い人、鋭くない人はいるけど、もともと自然の中で持っているもの、でも奢(おご)ってくるとそういう感覚は鈍くなる。そうすると厄災を自分たちから呼び寄せるのよ。それが半分。残りの半分は普通の台風。

だから今からでも、足るを知る、足りてるなあ、満ちてるなあ、ありがたいな、今の現状、現在、ここの場所にいられるのはありがたいなあと生きていけばいいんだよ。

それには資格もいらない、お金もかからない、時間もかからない、男女の差別もない、年齢の差別もない、ただ思えばいいだけでしょ。でも人間って簡単なものってあんまりできてないんだよね。 

思うだけでいいのに。願うだけでいいのに。

できないんだよね。なんか理屈を考えたり、言い訳を考えたり…。

逆に言い訳をするときに、やりたいのかやりたくないのか単純な発想をした方がいいよね。いい言い訳なのか、本当はやりたくないのに何かの理由があってやるのか、それをすっきりさせると動きやすくなるじゃない。変な感情が生まれなくてすむじゃない。周りも自分も不快でなくなるじゃない。それは今後見ていくべきことだと思うのね。(2019年10月)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA