天皇陛下と大和言葉

―「われわれさん」にいろいろと聞いてみたいなと思ったのは、天皇陛下の譲位に向けての儀式が始まったからだと思うの。ちょうど宮中三殿に譲位をする報告の儀式をしたところだった。その次の日だったんだけどね。その報告をした影響というか、エネルギーみたいなものが流れ出しているからねって。

そんなこと言ったんだ。

―え、それはあなたではなかったんだ。そこをつっこみたかったんだけど…。

でも私も同じことを思っていたよ。

十数年間、人の知られないところで、(天皇陛下は)本当に厳しい中で祈りを捧げていることをおやりになられているから。

そして大和言葉ではない難しい言葉を使ってのご報告だからね。譲位のご報告の儀式が始まれば、またエネルギーも変わっていくんだな、時代も変わるんだなっていうことは思っていたよ。 

―言語が違うんですか?

うん、文法も発音も違う。それは皇太子時代から口伝で伝えられている。今の皇太子も伝えられている。

―天皇の譲位の儀式が始まっただけで、そんなに違うものが流れてきたっていうのは、ここからいろんなことが始まって、最終的には天皇の御代変わりがある。近年ない大きな変化が起きるってことなんだって。

だから「祈り」がとても重要だってことだ。

これから(2019年)51日まで、所作であったり言葉であったり、変えていいもの、変えてはいけないものを一子相伝でお伝えしているだろう。

命がけですから。違うエネルギーと接することだから。

―こんな時期だから強いエネルギーが降りてきたのかもしれないね。(2019年3月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA