天皇制の捉え方

―このサイトの記事は結構きわどい内容が多いから、ネットの中に結界は張れないのかな?

無理。ネットは電気、磁気だから(結界を)張ったとたんに壊れる。

―まあ、大丈夫でしょう。私たちそんなに非常識ではないつもりだし。

見る人は興味があって見るわけだからね。

 

―今年(2019年)は圧倒的に即位の礼とか大嘗祭の記事が多くて勉強になりました。本当に。去年とは全く違います。

そういうことに関心があるということはいいこと。何にせよ、関心を持つことはいい。知りたいという意思が働くから。

―賛否両論あっても?

賛否両論あってこそだよ。

この時代、この時しかないわけだから。

しかもまだ上皇陛下がお隠れになられていないわけだから。喜び、お祝いの気持ちが多かったよね。

 

敬う気持ち

―これで一連の譲位、即位が終わりましたね。譲位に反対している人もいたよね。どうなってもいいから、じっといてくれればいいっていう人もいた。

それだけ敬う気持ちがないんだよ。敬う気持ちがあれば、じっとして存在してくれればいいというのではなく、どんなお気持ち、真意が隠れているんだろうって考える(はずで、)そういう人が少なくなったからね。

―(天皇制を)単純に制度としてだけしか見てない。

制度だけでは割り切れないからね。

人の思いはね。(2019年12月)

 

★より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA