天皇の譲位と大嘗祭(1)

「譲位」ということ

流れとしてなぜ(か)天皇さんが皇后さんと沖縄行ったでしょ(2018年3月27日~29日 天皇皇后両陛下が沖縄訪問)

そして、生きたまま譲るでしょ。

あれはとても霊的にすごいことだよね。

―え、そこ詳しく説明してくれる?

あの方たちは祭事をなさる方でしょ。季節の祭事、いろいろな祭事。

身体がえらく(=しんどく)なっただけではなく、譲るということ、見せるということを今一度体現されている。息子にね。

そして天皇さんが譲ったとしても(天皇陛下という)人物は二人いることになる。これはわれわれから言うと「エネルギーの二分化」って言うんだ。

―本来、天皇霊が降りて天皇になるんでしょ。

でも二人いれば、一人に天皇霊は集約しづらいよね。

 

天皇霊が降りる大嘗祭

―ひとつ確認したい。今は今の天皇に天皇霊が降りている。で、皇太子に譲って大嘗祭を行って天皇霊が降りる、それが半分になるわけ?

大嘗祭をしたとしても、どちらにも降りる。

天皇霊はひとつだけれど、そのエネルギーはドンと2つになる。

―それって、2つに分かれるからエネルギーが減っちゃうとかではないの?

そんなものではない。死を通り抜ける儀礼をするわけだから。何が起こるのか、自然災害、人災も、起きるかもしれない、真剣なんですよそれだけ。

―それって、天皇霊が二人に降りなければならないほどのことが起きるということなの?

どこの場所に今の天皇さんは行くのでしょうか? 元居たところ(=京都?)かも知れないね。そして、そこからいろんなところに行くよ。(譲位すれば)もうどこへ行くとか言わなくても行けるようになるでしょ。時間?(次元?)をくぐっていけば行けるところもあるし。(続く)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA