天皇の器、皇位継承

都知事や首相といったトップに立つ人の話から天皇家の話題へ。混同されやすいが女性天皇と女系天皇については違いを認識しておきたい。どういった形であれ、天皇には神との契約のできる「器(うつわ)」があるかどうかであるようだ。皇位の継承については議論されるところであるが、二人(愛子様、悠仁様)で行うという考えがあるのは興味深い。

天皇と家臣

まあ、天皇さんも変わるけどね。

―ええ!!

いい意味でだよ。「変わる」っていうのは代替わりとかではなくだよ。いろんな気持ちも含めてだけど。

行ける場所もふえるでしょ。コロナで出られなかったけど。見せられる場所も増えるでしょ。上皇様の情報も出てくるでしょ。まあ、あと結婚部分もね。

―天皇陛下は評判が上がりましたよね。そして、週刊誌に出てる情報ベースだけど、相対的に秋篠宮が下がりましたよね。医療用防護服を作って寄付したのによく言われてない…。

そりゃあそうだ。出る杭は打たれるんだよ。家臣は家臣なんだよ。

欲を周りが持たせてしまったのがいけないんだ。家臣は家臣。

天皇さんの血は天皇さんの血なんだよ。違うんだよ。

いろいろな儀式(即位の礼や大嘗祭など)がなんであるんかだ。

なぜか御代の時代で選ばれるのか。

あれはちゃんとした(神との)契約をするためのものだからね。契約ができる器かどうかはあるんです。

そこの長男に生まれたのか、次男で生まれたのかで決まるんです。

 

神との契約と器

今、安倍さんは画策しているんだ。コロナにみんなが目が言ってるけど。

愛子さまは女の子、秋篠宮の長男は家臣の子なんだ。

―真子さまと小室さんの関係の例があるから、愛子さまが上に出られなくなるじゃない。安倍さんは女性の天皇は絶対にダメだって。そんなことはないの。

―いや、女性の天皇は1代はいいけれど、「女系天皇」は絶対にダメなんだよ。

ーそれを見直していいんじゃないかって。

―いや、どうしてわからないかなー、ダメなんだって。「男系」じゃなきゃダメなの。

まあ、いいよ。人間が決めることだ。

でも第一に「われわれ」が見るのは(天皇として)その器があるかどうか。男か女かではなく。そこで契約ができるかどうかだ。

―あのね、愛子さまは天皇でもいいよ。

我々が見ているのは、

愛子さまと悠仁さまが2人でやればいい。

―その形としたら、今の天皇陛下と伊勢の斎宮の清子さま、だ。

そういう形がいいの。そういう形が一番いいの。

でもさっき言ったように器があるのかどうか、契約できるかどうか。普通の器じゃ契約できないから。

―だから天皇家に生まれるだけで、そういう器にはならないの?

家臣か家臣じゃないかだけ。

―そんなこと言ったら古代からたくさんあるよ。で、古代から女性の天皇はいたの。でも女性の天皇でも夫が外から来て、できた子供が天皇にはなってないの。これは女系天皇で、それはダメなの。愛子さまは女性だけど天皇になったら男系の女性天皇なの。

まあ、選ぶのはそこの神様だからね。

―私やあなたたちではなく、2500年続いてきた、続けてきた神様たちがちゃんと選ぶでしょうからね。(2020年6月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA