地鎮祭(2)

土地土地にも神さまがいる、家を建てるには地鎮祭をしなくてはならない、そうしたことを信じる信じないにせよ、私たち人間の所有物ではないのは確かだと思う。

古い家を壊すのに、どうも気配がするというので呼ばれたら、そこにおばあちゃんがいたんだ。別に壊すのはOKだったんだけど心残りがあって、聞いたらテレビ台の中にハンディカメラがあって映像があった。息子さんにあげたかったんだ。その中に運動会の映像があって、それを息子さんに渡したらおばあちゃんは納得したんだ。

若いころのおばあちゃんの御霊も上にいたんだ。子育てしている頃の年代で一生懸命子供を育てていたから執着していて、ちょっと大変そうだったんでお地蔵さんにまかせたんだ。動物も埋まっていたから土を変えた。そしたら、その土地は売れたんだ。

男の人でも信じる人が増えたけど、若い人は知らないから、変なところに建てたがる。地鎮祭を知らない。デザイナーズハウスみたいなので、とんでもないところに建てたがったりする。崖の上とかね。かっこいいからと。

―そう、建築家とか、アピールしたくてそういうところに変わった家を建てたりする。

そういうところはたいてい地鎮祭はやっていないから土地神の怒りの中にいたりする。土地がらみ、家の建て替えは結構いろいろある。(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA