三種の神器と昭和天皇

昭和天皇と祭祀、三種の神器、そして太平洋戦争についての話題。

―昭和天皇について書いた本を読んだんですが、戦前も戦後も祭祀をとても大事にしていて、戦争中も三種の神器をとても大事にされたそうです。それほど大事なことだったんですか? それほどのものだと昭和天皇はわかっていらしたんですか?

そうですね。(三種の神器は)つながりの道具だから。神様とつながるための。エネルギー体との。だからアークだよね。イメージとしても神様と天皇をつなぐものと日本ではなっている。その通りのもの。

―え、象徴的なものではなくて、その通りなんだ。本当につながるものなんだ。ボタンを押せばつながるみたいな。

言葉が象徴になっているんだ。八咫鏡といっても、みんなが思う鏡の形はしていないんだ。昔の銅鏡みたいなのともちょっと違うんだな。大切なものだから守られ続けている。約束のハンコみたいなもの。

―それは調べてもわからないことだけど、太平洋戦争は裏切り者がいたから戦争に追い込まれたというか、昭和天皇は戦争を望んではいなかった。

戦争をどうしたらなくせるかの方向で動いていた。でも止められなかった。なぜか、人間の思いの波は止められません、時代の波は止められません、神でも神い(=神意?)と言われているエネルギーでもそれを望むんだなってなる。

―(太平洋戦争は)日本を戦争に巻き込みたい勢力に操られていた人たちがいて、それが暴走した。日本はエネルギー資源が必要でそれを求めて戦争を始めたとも言われている。

あのね、後から歴史を振り返れば大義名分はどこでもつけられる。いろんな言い訳、ああだこうだ(という理由づけ)は大概そうじゃない(笑)

―納得したいから後からいろいろ言っているんだ(笑)

本当のことは記録に残っていないことが多いからね。戦争は大義名分を言うじゃない。

―天皇が戦争になることを止められなかったのはどうしてだろう。どこに欠陥があったんだろうか。

想いのマイナスとプラスがあって、激動の時代はマイナスの思いが強かったんだ。何に国民が動かされるかという実験もあったんだ。それは今も成功している。テレビの言うこと、噂話、偉い人が言ったから、とかね。だから自分の軸が必要なんだ。

―この会の話を聞くのもね。

そういうこと。人に伝えたり、自分で実験したりする時に納得してやってみる、経験してみることはとても重要だね。(2018年11月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA