ミサイル発射と出雲(1)

2019年10月2日に北朝鮮からミサイルが発射され島根沖に落ちたという報道があった。私たちには政治的ニュースであったが、神さまたちの視点からするとどういうことなのだろう。

国の名前は言わないけど、それぞれの国で勝手にやりすぎたお方が何人かおられる。

―それは政治の話ですか?

ええ。もう神様は黙ってない。

―今朝(2019年10月2日)、北朝鮮が2年ぶりぐらいに日本のEEZ(排他的経済水域)にミサイルを飛ばしたよね。

あれで怒った神様がいるんだよね。

―どこの神様ですか?

海神(わだつみ)も怒ったし、ちょっと面倒くさいんだ。朝鮮半島にガンガン行ってるよ。地震も起きてるよ。

自分の家(海)にミサイル落とされれば、そりゃあ(神さまは)怒るわな。それに自分のために怒っているわけではないんだな。選りにも選ってあのポイント(海域)かって。

―島根の松江沖って、出雲の近くだね。

あ・の・ね、今、10月なの。

―あ~!! 今、神様集まっているんだ! あのね、10月は日本中の神様が出雲に集まってるのよ、だから神無月っていうでしょ。でも出雲は神在月なの。

神様どこから来るって、海から来るの~。ピンポイント、やめてほしいの~~。わだつみ海の神の面目丸つぶれなのよ。

―そうだ、海から来るよね。解説しますと、日本中の神様が稲佐の浜から上がってくるんですよ。つまり、あのあたりの海の上を日本中の神様が通ってくるわけだ。

で、海神先導だからね。

―そのとおりだ。海蛇が先導するんだったよね。

この時期、その場所で、なんで、そこなのって。(続く)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA