ダライ・ラマ、パンチェン・ラマ、天皇陛下

―(パンチェン・ラマの話から)表に出ない能力者の人はたくさんいるでしょうけれど、表に出るパンチェン・ラマみたいな人、たとえば天皇陛下なんかそうだろうけど、ローマ法王などはどうなんでしょう? そしてどのぐらいいるのかな。

ローマ法王は傀儡(かいらい)で、ローマ法王の後ろ盾をしている人たちがいるんですけれども、そういう人たち、ある人物を守る人たちは能力者だ。

―(本当の能力者は)表に出ないんですか?

表に出ても、あなたたち(=一般民衆)が信じないのがひとつ、迫害することがひとつ、畏怖して怖れることがあるでしょ。

今までの歴史上、最初に出てきたときはいい。特に姫巫女なんかが如実だけれど、出てきたらまず(その能力者に)依存するんだ。そして、そのあと叩いてその人物を見殺しにするんだ。歴史の中でずっとそうだった。そして身勝手だから陰になる。なぜ陰になってしまったのかを歴史の中で調べてみるといい。

―天皇陛下、ダライ・ラマ、パンチェン・ラマと、ローマ法王は種類が違うと思うんですが。

そう、全く違う。

―どう違うか説明がうまくできないが、太古の昔からの流れが全く違う。でも、天皇陛下やダライ・ラマはあまり違わないのではないかと思う。

そう、全く違わない。能力者は違わない。ダライ・ラマや天皇陛下はその国の人たちの平和を願うでしょ、心の発展を願うでしょ、子供たちの笑顔を願うでしょ。同じなんだ。祈って祈って祈り倒すのが天皇でしょ。だから天皇とダライ・ラマは仲いいよ。

―そう、だからローマ法王は違う系統。そしてそれ以外ではネイティブなシャーマンたちかな。

白いシャーマンと黒いシャーマンがいる。

―シャンバラ(=地底人)とはパンチェン・ラマもつながっているの?

いや。ダライ・ラマだけだ。正統なのはダライ・ラマなのだ。パンチェン・ラマはあくまでも二番目だ。そして二番目を選んだのはパンチェン・ラマだ。ずっと変わらない。ダライ・ラマは記憶を持って生まれ変わらないと言ったら、パンチェン・ラマもそういうだろう。そうじゃないと迫害される子供たちが出てくる。ダライ・ラマは次は記憶をもたずに日本に生まれる。

(三重県って言ってたのは違うかも)北海道や、東北ではなく、沖縄でもない。転生ではないよ。感は鋭いかもしれないけどね。そして何回か生まれ変わらないとパンチェン・ラマには会えないだろう。必ず会えるでしょ。

約束事や、そこに生まれる意味がある。そしてあのふたりは離れていても一人だ。そしてそれを信じ抜けるんだ。 (2017年3月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA