超古代文明(1)

地球には、超古代にムー、アトランティス、レムリアといった文明があったとされる。私たちの会話では、今の文明が「3回目」という認識であるが、1,2回目の文明はどうだったのであろう。今回の記事を読めば、超古代文明、地底人、ノアの箱舟、といったキーワードが繋がっていくようにも感じる。過去の記事「前文明」の前半も参照いただきたい。

 

快適な地下への移動

―人類が3回目って言うけど、1、2回目の文明はどうだったんですか?

1回目は精神的にとっても成熟した。ただそれだけ。

―この文明の人たちはどこへ行ったの? 地下? なんで地下へ入った方がいいって結論だったの?

なんで地上にいなきゃいけないの?

地中は地震があっても大丈夫だし。雨が降らないし台風も来ない。水はいっぱいあるし。暖かいし。

―彼らとしたら地上にいるより地中にいた方がいいということなんだ!

だいたいの惑星はその結論だよ。

―え、そうなんだ!

火星も、月も、金星も。

特に金星は、形態としては、う~ん、半分液体状。

 

2度目は機械文明

―半分液体というのは半霊半肉ですか? それは例えば、ムー大陸とかは…。

ムーにもいたけどね。半分は空に向けて行っただろうけど、人類三等分すると3分の1行って、3分の1は地下だね。

―それが1回目の文明ですか。何千万年前?

そう、で、次(=2番目の文明)。一番わかるのは手塚治虫さんのSFの機械文明とか、統治文明とか、まあ一括文明といわれている。

機械化した文明。つまり機械に頼りすぎた文明。何もすることがないんだよ。寝ていればいいんだ。その頃もコンピューターに似たようなもの。

一番近いのはマトリックスの映画のような、夢の中みたいな。バーチャルの世界、人類は機械につながれていて寝ているだけで、脳内の中で生きていると思っている。 

もう一つの世界は脳だけの世界ね。脳が肉体を感知するのだから、その一部が牛耳っている世界とか。

―そうなると例えば私が脳だけだったとしたら、私の脳はすべて、つまり世界、地球、宇宙を内包していることになる。

そう。そういう話。それが第二の文明だよね。

―どうしてその文明は滅びちゃったの?

戻ろうとしたんだよ。肉体になりたい。

―なるほど。脳だけだからリアルにちゃんと動きたかったの?

コップを持てないわけ。肉体がないから、単純に言うとお茶も飲む必要もない。つまり、飽和状態になったわけ。

(続く)

(2021年2月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA