時事問題ーオリンピック前夜

国際ニュースというのは切り取られた断片的なもので、本当に重要な情報(軍需産業における武器の売買なども)は私たちが知れるようなものではないだろう。今回はメッセージをそのまま掲載しておく。

今、軍事産業の部分がとっても強くなっているんですよ。アメリカも、中国もそうだし、日本もそうだよ。

このコロナ渦に便乗してるんじゃないの。その陰に隠れてちょろちょろね。原子炉の部分も含めてね。

――米中の対立、台湾問題も知らないうちにずいぶん切迫しているし。中東も私はよくわからないけどなんだかいろいろあるみたいだし。ウクライナとロシアも。

もともと火種はあったんだけれど、見えやすくなった。そして軍事産業において売る側と買う側の思惑が一致した。さらに武器は買ったら見せたがるんだ。そして境界。みんなが気が付いたときには、え、こんなことやってるのっていうようなことになってるから。

――今日の感染者は何人だって騒いでいるうちに、実は大変なことになってるかも。

――そんな感じがします。

――私は、中東はわからないけど、台湾のあたりのニュースは気にして見ているけど、相当動いてきてると思う。

ただ戦争ということは日本もアメリカもやりたくない。ロシアはどっちにもだから。

――中国も習近平はやりたくないだろうけど、ちゃんと軍を掌握できているのかどうかが心配。

できてないね。中国はお尻に火がついているから、ああいう風に言うしかないんですよ。習近平も。なぜかというと軍事の部分が強くなりすぎちゃってる。言うことは効かないわ。

――ミャンマーもひどいですよね。

そこら辺に関しては動いている方々がいるんで、大丈夫ですけど。プロ集団がいるから。でも人が騒いでいるときに、こそっとやるのが手だから。そこを見ておいた方がいいね。

まあ、9、10、11月でどんな情報が出るのかな。応、オリンピック終わってだから。

 ――オリンピックはやったかやらないかはわからないけど、その夏が過ぎてってことだね。日本はそのころ選挙があるね。

たぶんそこらへんは選挙どころではないことが起きるんじゃないでしょうかね。

――え、ちゃんと言おうよ。なんでしょう?

 

その軍事の部分も。それからあとは、エネルギーの問題が出てくるから。

――軍事の問題っていうのは?

今、アメリカさんにつつかれているわけですよ。

――この前、菅総理がアメリカに行って、よく言わずに帰ってきたよって思った。

言えませんよ。なぜならわかっているから。

――だいぶスパイも入っているだろうからね。アメリカは離れているからいいけど、日本は台湾と有事があったら確実に巻き込まれる。日本の有事だよね。横田基地からの飛行機が頻繁だし、今までは厚木に向かっていたのが、横須賀へ行くのも見るようになった。オスプレイも飛んでるし…。

つつかれているのを、コロナがとか、のらりくらりしているんだ。オリンピックもあるしさあって。まあ、裏のプロさん達が動いているから、日本は大丈夫だよ。白ガラスさん達が動いている。今年のうちにいろいろな首相クラスの人が変わったりするでしょうね。

――菅さんは?

菅さんは変わらないだろうなあ。

――あの人、目がうつろ。自己崩壊するんじゃないかって。

――うつろになるしかないんじゃないの。

菅さん怒られたしね。

――アメリカに?

アメリカはずっと突っついてるし。裏が怒った。それはそうだ、下手な動きしないように。

――苦しいだろうねえ。で、次はどうなるだろうねえ。

なるようになる。ただ民草が上を選ぶという認識をもう少し強く持ったほうがいい。勉強もしなきゃいけない。候補者に適任と思われる人がいない中でも選ばなきゃならない。

(2021年4月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA