大変革の時期

2020年12月が大きな節目となり「大きな山」が動いたようである。しかし、報道のバイアスもあり、具体的にどんな動きがあったのか、私たちには何もわからなかったようである。

文明開化ほどの大きな変革

ー「12月の初めころに山が動く」。このあたりをもう少し心構えも話してもらえないかな?

楽しく、ジャッジメントをしないで起こることを見てほしい。

山が動くわけだから。

―富士山が歩く? あ、ごめん。でも、山が動くというのは言葉としていろんな取り方ができるし、重たいよね。

江戸から文明開化して明治になる、それぐらいの山だと思ってくれればいい。
何が変わるって具体的にっていうよりも、政府と密約、上に立つ人たちが変わっていくから見ていてほしい。

ニュースではやらないかな。でもわかると思うんだ。さっき言った製薬会社も含めて。

それはずっといっているよね。江戸から明治になるくらいの変革って。

だから政府の変革だと思うんだよ。ある部分ね。だって江戸の幕末の政府と明治の政府は違うじゃない。

―江戸幕府の将軍が収めていく体制から、明治の体制への変化って簡単ではないくらいの大きな変化なんだけど。今旧体制でそれが新しい体制になるって?

だから新しくしないと回らないんですよ。

バレバレにバレそうだから。

―あのね、江戸時代から明治に移行したときは簡単に移行したわけではないんですよ。幕末からはたくさんの血が流れたし、いろんな思想が錯そうしたし。

今も血は流れているし、違う思想がたくさんある。思想が違う者同士対立もしていて、協力をしているところもあるけど。それは能力のあるなしに関係なく。

―私の感覚だと幕末から明治って大きな動乱が起きるってイメージなんだけど。

動乱はもう起きているんだよ。わからせてないだけ。

―それだけ大きいのにわからないの?

大きいです。そしてわからせたらパニックになるでしょ。だいたい終わるころにわかるんですよ。チョロっと出るから。

 

政治も地球も新体制へ

―さっきの話に戻るけど、地球が変わるからなの?

地球が変わるから、意識認識が変わる、行動が変わっていくからここで動乱が起こるんでしょ。

動乱を起こすかどうかを決めるのは人間だよね。

いい意味でも悪い意味でも、感情をある部分抑えられなくなっている。

素直になっているという意味ではいいことだよ。好き嫌いではなく。

できるできない、自分を大事にしよう。

―これからどうなるという言葉をもう少しはっきり引き出す努力をしてみたのだけれど、お楽しみにするしかないね。

だけど小さい事柄も見逃さずに、楽しんで、「た・の・し・ん・で」見てほしいんだ。

―想像するに、ひとりひとりは自分自身の中で変化があるかもしれないけど、それはとても気持ちよく変えられる人と苦しい人が出てくる。今言っている旧体制から新体制に変わるというのは…。

旧体制から新体制に変わるっていうのは、抵抗勢力っていうのがあるんだよ。

―だから大変なことになるんだよね。

でも人間は、感覚、認知、行動というものが変わってくるとそこの部分も変わってくるんだ。そして人間は確かに愚鈍だけれども。少しずつはお勉強しているみたいだね。

(2020年11月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA