中国の動き、総選挙(1)

大きなニュースは、その裏で進む小さなニュースに注意した方がいいようだ。コロナとワクチン騒動の裏では、中国やロシア、アメリカの軍事的な動きは注視したい。

――今、とても気になるのが、ここのところ台湾の防空識別圏に中国の戦闘機がかなりの数が入っていること。100機くらい?

もっと。

で、中国だけではないから。ロシアも動いているし、アメリカも動いてるし。

それは「防衛」ということで(対外に)見せる部分もそうだし、他の部分もそうだし。

コロナでバタバタしているうちにずいぶんとそういうことが進んでいる。

――そうなんですよ!

年くらい前にコロナが出てきた頃に、そういう軍事の動きが出てきていたね。

――それで、どうなると聞いても仕方ないんだけれど、これって台湾にプレッシャーをかけ続けていてね。

だって台湾欲しいもの。

――以前、アメリカの軍事シンクタンクみたいなところが、北京オリンピックが終わるまで中国はそういう軍事的な動きはしないだろうって言ってたんだ。

いやあ、もう…。

――ところが、こんなに動いているってことは、北京オリンピックは中国のストッパーにはなってないのかな?

なってない。台湾は中国化してないから欲しいんだ。チベットもそうだ。酷いものだよ。いまだに。(チベット、ウイグルで続く虐殺については過去記事「チベット・ウイグルの虐殺新疆ウイグル自治区での民族浄化」参照)

 

――先日、NHKスペシャルで中国共産党100年という特集をやっていた。文化大革命を見ていても、人との信頼関係など壊れているし、日本とはかなり違う人たち。その人たちが作っていく国家がいいものにはなると思えない。

軍事国家みたいなものだ。

――台湾も香港も中国共産党に支配された人たちとは違うから、でもそういう違うものを吸収してもうまく行くわけないって思うけど、それが早まってる。

あのね、策がないのよ。だから暴力行為しかない。

――わかる、子供が喧嘩していて、口でも負けてくると手が出るのと同じだね。

そうそう、でも殴ると親がなにしてるの! って出てくるの。一応、今のところアメリカとか日本とかいろんなところがね。だから、ギリギリ止めているかな。いろんな関係性でケンカするわけにはいかないんだけど~って。だってケンカしたらつぶれるからね、中国は。

(続き)

(2021年10月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA