レバノン爆発の真相(1)ー証拠隠滅

2020年8月4日にレバノンの首都ベイルートで起きた爆発は、保管していた大量の硝酸アンモニウムが原因とされている。しかし、はじめの爆発と2回目の大爆発の場所が離れているため、外からの攻撃など諸説飛び交っている。このメッセージでは「地下」のあるものの証拠隠滅とあり、にわかには信じられないが、その根拠の一つとなるニュースの動画も掲載しておきたい。

レバノン爆発は証拠隠滅

―化学物質が貯蔵されてたところが爆発したんだけど、一度目の爆発の後、ずっと大きな二度目の爆発があって、白い煙がものすごく上がっている映像があり、いろいろ言われている。違うところから攻撃されたのでは、とか…。

攻撃より、証拠隠滅のほうが強いかな。

―証拠隠滅???

みんなやっきになっているからね。まあ、いろんな研究してるでしょう。

(地下に)知らない通路もあるだろうし。

―ものすごく深く地面がえぐられていたよね(爆発のクレーターの深さは43メートルとされる)。

だって知らない通路は知らないまま(=知られないまま)のほうがいいでしょ(笑)。

 

硝酸アンモニウムだけでは爆発しない

―レバノンというのはものすごい場所なんですよね。イスラエル、シリア、イラク、ヨルダンと接している。

だからいろいろな部分、見えないところの通路でやったほうが、逆に秘密は保持できる。

もういらないからね。

―それを地下室ごと爆破するにはあれだけの爆発が必要だったんだ。

1回目の爆発は上の爆発、2回目は下からズンと行く爆発だから砂煙も出たよね。

あれは本当にそこに積みあがっていた化学物質(硝酸アンモニウム)が何かの影響で爆発しただけではないよね。

化学物質は研究するのに危険がないように2重3重になっているわけだから、爆発するわけがないよね。(続く)

以下に、爆発によるクレーターの地下にその根拠となる部屋あるいは通路のようなものがあるというニュースを掲載しておく。

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA