プーチンを巡る動き(3)

前回の続き。ウクライナの国土面積は60万㎢ほどで、日本の1.6倍ほどある。自然にも恵まれ、ヨーロッパとロシアの間に位置する国土は魅力的なようだ。

魅力的な国土

――ウクライナってもう昔からドロドロで、アメリカのバックアップで生物兵器はあるし、ゼレンスキー大統領だって真っ黒だってハナシもある…。

あの人は善人ではないよ。

 

ただ、全てを取っ払った時に一番大事なことは何?

 

命なんだ。

子供、妊婦さん。そこを(ロシアは)攻撃したんだから。

 

でも、アメリカが軍事介入したら、そのまま第三次世界大戦だよね。だからやらないだけ。

――ロシアを煽ってやらせておいて、梯子を外したのかって…。

なぜなら、アメリカもそこを欲しい。イギリスとかヨーロッパもその場所が欲しいわけ。

(ウクライナの領土があれば)ロシアを牽制できることが一つ。

それから広いから、いろいろなところに施設を作れるのが一つ。

すごく便利な場所。気候的にも。

 

難民の問題

――しかし、本当に人類レベル低いよね。進歩してない。 

低いね。進歩はしているけど、低いね。

肉体的にとか、科学的には進歩しているけど、心身的には進歩してないね。二分化というけれども、それもどっこいどっこいだね。

――難民がすごくないですか。過去の難民問題が消されちゃっているくらい。

――今までシリアとかで起こっていたことなのかもしれないけれど、あまり気に留めなかったけれど、ここまでになると…。

今攻撃されているところの、博士、教授がいろんなところで消えていってる。

ウクライナの知識人が、囚われている。ロシアに。今までの研究成果が目的で。

――そういう細かいところのやり取りはたくさんあるだろうねえ、スパイがたくさん入り込んでいたっていうし。

日本にも難民は来るよ。

――以前に、難民が日本にも来るって言ってたよね。岸田さんが入れるって言ってたね。

どんどん来させればいいんですよ。そこから、また出てくるから。

――何が?

考えなきゃいけないことが、首相クラスの人が。意識が変わらなければしょうがないんだ。

岸田さんではなくて、民草の意識が変わらなければならないんだ。難民が、いざ来ました。その人は生きているわけだから。

――じゃあ、どうするのって。そこで初めて考えるんだ。

そう。そしてその人(=難民)は何も持ってこられなかった。だから保護しなければならない。保護するという観念は決して上に立つ者ということではない。

そこの部分で、持っている者が、持たざる者に、どうするのって言われている。一人ひとりが。

中には粗暴な人もいるかもしれない。傷ついて、大事な人と別れてギリギリ来たけれど、上から抑え込まれて。だって悪いこと何もしてないんだ。

それはね、ロシアの人たちもそう。ロシアの人たちだって逃げたい人はいっぱいいる。でも流出を恐れているから、ダメになっている。殺されるから。

――戦争の反対運動も結構しているようですね。

(続く)

(2022年3月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

特集テーマ

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA