これからの戦争のカタチ

戦争っていうのは目で見える殺し合いだと思うけれど、もっと恐ろしいのは情報操作、情報抹殺。だからすでに起こっているんだ。中東でやっているような爆撃して、という戦争はもう古いんだ。

―通信衛星一つ落とせば、すべて止まってしまうと言われている。

情報を握ってこそ動ける、という部署の権力者を抹殺すればいいだけじゃない。簡単なことよ。戦うというレベルというのではない。

なぜ、機械工学がなくならないのか。日本でもそういう知識人が集められる都市があるのか。おかしいでしょ。あそこは天才的なもの(才能)を持った人たちでないと住めないからね。表向きには研究しているからと出入りは自由にできない。あそこに集めていることが問題だ。あそこに集められているのは子供だったりする。『AKIRA』(超能力者AKIRAを主人公としてSFアニメ)みたいな世界だよ。子供たちがどういう行動をしているのか。

アキラたちは超能力で戦うのだけれど、それをサイバー攻撃に置き換えればいい。今、一つ何かを壊せばすべて止めてしまうようなことができる。

(とある)CMで「これがなければすべてできません」みたいなのがあって、いいのかな、こんなCM流してって思った。例えばビルのセキュリティーひとつ抑えてしまえば、出られないし、要塞にもなる。

―最近ときどき変電所が燃えたりするが、あれだってテロかもしれない。テロだって言えないのかも。今、戦争は爆弾を作ればいいってものではなくなっている。軍需産業は使い道、売り先がなくなっちゃう。だからどこかで戦争するのかな。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。