隕石ー宇宙からの飛来物(1)

2020年の7月2日と8月21日に相次いで隕石の落下が目撃された。珍しいことではあるが、これからも目撃が増えるかもしれないし、単なる火玉ではなく宇宙からの飛来物であるから、何らかの宇宙物質を地球に落としている可能性も大いにありそうである。

火玉に付着しているもの

―この間の火の玉は?

ああ、火球?

―誰か、UFOが撃ち落とした映像があるって。私は見ていないんだけれど。

まあ、そういわれるんならそれでいいんじゃないかい。

―あれはただの隕石?

実は最近いろんなところに隕石が落ちているんです。世界中でそう。日本も。大きいものから小さいものまで。大気圏に入るから燃えてくるけどね。

―すごい音がしたみたい。

音速を超えるからね。

とても重要なのは地球自身も変わる時期だから、地球の中にあるバクテリアとかではなくて、それにくっついているものもあるわけ。
菌、バクテリア。

―え、そういうものがあるの?

―生命の起源って宇宙から飛来してきたものにくっついてた何かから発生したって説もある。

ミトコンドリア、バクテリアっていうのは宇宙から来たものだよ。

そういうものもいろいろな場面で目撃する人が増えてくるんだ。

 

隠されているものが出てくる

―なんでもあり、オールスター登場っていうか(笑)。

今までなんちゃって話だったもの、本の中の話といわれていたものが見えてくるわけ。隠す必要がないから。

あのね、膿出しっていうのは、隠す必要がないですよってことだから、秘密のものも、じゃあもうそろそろ出てこようかっていうものもいるんですよ。

―え、地底人?(笑)

いろんな事柄も含めて。

え、こんな小説より奇なりって、本当にあったんだ! ってことがいろいろあると思うよ。(続く)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA