自然環境の変化

12月に入り、コロナの情報に気を取られているが、他にも菌や自然環境の変化にも注目しておきたい。

―(身を守っていくのは)11月からってこと?

そう、10月から11月。

―コロナも再拡大するの?

いや。

―菌? あなたはコロナではなくて菌だってずっと言ってたよね。

うん。

12月に入った頃に、見知った菌とかの情報が出てくる可能性があるのがひとつ。
そしてコロナは寒くなると活性化することが一つ。

―12月からのことはコロナとかの感染症だけのこと? 五輪も含めてって言っていたよね。

感染症のことだけではない。五輪も含めて。

というのはそれに伴う部分で周りの国でも違うものが出てくるってことだから。

コロナだけでなく、出てきているものがあるはずだよ。

―小さいニュースで時々何か出てます。チラっと。

―やっぱりお米買っといてよかったかな。食糧危機が来るっていうから、ローリングストックという方法、いつも使うものを少し余分に買っておくという方法で、気が付いたものは買い足してます。コロナの時に棚から無くなったもの、トイレットペーパーとかは買っておいた。

紙だよ。トイレットペーパーの原料は紙、木。

木は減る。

無くなりはしないけど、情報操作も一つ、確実に木の質が悪くなって、土の質が悪くなって、いろんな災害が起こって減る。

―災害で減るのはわかる。山火事だったり、土砂崩れ、水害だったり。

利権が絡むとどうなる? 少しづつは出すけど。値段を吊り上げようとするよね。あっても減る。

そこの部分は少し気にしておいたほうがいいかな。無難かな。

食糧不足ということは、物によってあるものとなくなるものが出てくる。例えば、野菜、葉物、土にかかわるもの。

土地も変わってきているんですよ。土の中の微生物も変わってくるんですよ。なぜ微生物が変わってくるか、自然のサイクルが変わってくるから。

―今年は庭にキノコが生えてびっくりした。

これから増えるものとしては粘菌とか、キノコとか。粘菌が増えると土が変わる、そうすると虫が変わるでしょ。虫の音色とか、種類とかいなくなる虫もいるよ。

―魚も変わってきているよね。サンマとれないし。

海の、黒潮も変わってきているでしょ。

海の生物、大型の生物も魚も、住む場所が変わるでしょ。産卵場所変わるでしょ。

そうすると海の中、そして砂浜も変わるでしょ。

(2020年10月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA