地震と海底・地底(3)

前回は地底に入ってしまう人はいるが、出てこれることは事故以外ない、という話。その続きである。地震は自然の周期もあるが、人の想いも影響を与えることに注目したい。

早まる自然周期

―日本の大地が揺れ出していて、海底が変化しているのは、人類が無理なことをやっているからではなくて、地球の自然の作用として動こうとしているのか、それに関して地底の人が関わっているのかな?

だいたい500年から700年くらいの周期で地球自体の作用として変わってきている。そこの部分では自然だと言えましょう。

だけどそれを人間が、例えば10年単位で変わっていくものを3年くらいで、ガ~~って変えてしまう、あっちこっちで無理をしてはやめてしまっているということはある。 

刺激してしまってね。それで私たち(能力者)みたいとか、地底人、まあ地球の中の人たちが動いている者もいる。地球の自然の作用だからそのようになるよう手助けしようとしている者もいる。もう一派はふざけるなよっていうのもいる。

―それはわかる。今聞きたかったのは、日本列島が動かずにいられないっていうのは日本列島や地球の生理的作用として…。

早いんだ。

―それが普通より早くなったりしているのは、人の想いなんだ。

人の想いや行動ね。

 

目覚めと膿だし

―それが自然の作用を狂わせているんだ。

そう、だいぶ狂わせている。ある部分、人間はとても身勝手だ。その身勝手さの中にいろいろ思いがあったり、でも良い思いもあるわけだ。いろんな意味で起きてきたという現象、目覚めてきたという現象。気が付いてきた人の想いがちょっと強くなってきたかな。

だからいろんな膿(うみ)をだす、いろんなものが表面で見えてきたかな。今までも同じようなことがあったけどね。

―人間が悪いものを身体から出すときは熱を出すみたいに。

熱をだして膿を出すときは大変だ。痛いでしょ。気づいた人たちが少し上回った時にいろんな人間の膿が出る。人間にとって役に立たない悪い思い、自己欺瞞の思いが膿を出すときに出てきてしまう。それは喜ばしいことではあるけれど、出てきているところで、いろんなことで動く。

―悪い作用にもなってしまうけどってこと。でも今少し目覚めてきた人が上回っているという良い作用もあって。そう、体内でウイルスと白血球が戦っているみたいな。

そうそう。だけどそのせいで少し物事が早まっている。時間軸が。この頃一年が早いって気が付いている人と、そんなことない、いつもと同じでしょって言う人がいて、そのズレが出てきている。

―最近、見えないところで道を作ってもらって動き早くなってきているすごく気がする。

出るところは出るところで、みんな手助けされるんだよ。やりたいことに手助けされるんだ。(続く)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA