地震と海底・地底(2)

人間の技術で上空は遥か遠くまで飛べるようになっているが、地球の内部はたったの10キロも掘れないようである。地球の内部というのはそれほど未知の世界であり、話題に出てくる地底人の存在も、宇宙人に比べてほとんど出てこないのは不思議でもある。

(地球の内部は)掘れるわけないじゃない、空気層があるんだから。空気層の圧があり、鋼鉄より硬い壁でドリルでも行けない。まあ、ある部分のものを使うとスルッと入れるんだけどね。

―スルッと入れないと地底人(「地底人」についての記事参照)のところに行けないの?

そこからまた岩盤があってその先に行かなきゃならない。

南極か、北極かに穴があって入れるんだよ。らせん状の穴があってね。物理的に歩いて入っていける。探検隊も入れるはず。

―私が聞きたかったのは地球の内部に入る時に肉体、物理的に入るのか、それとも別の次元なのかワープみたいなのかな。

あるにはあるけど違うところにあるんだ。あれは下から上にワープするだけの出口だと思うんだ。

―その生命体は今まで見たこともないものなんだって。目に見えるようなものではないんだって。生命体ではないのかな。

生命物ね。アメーバのようだけど知的なものはあるんだ。単純な物だよ、NASAもわかっているんだけどね。大発見といって出すけど。

―ああいう大発見ってその時だけニュースになるけどその後消えちゃうよね。それを広げたくない人たちがいるのか(笑) 広げるにはあまりに難しいのか。

広げないんだよ。その実物、現実にあったとしても場所に行くにはかなりの難易度があるよね。

―UFOってみんな見たっていう人がたくさんいるのに、発見されてないよね。

発見しているけど、政府が全部隠しちゃうじゃないの。

―でも、UFOって軍事的なもの(=UFOに見えるが実は軍用機)が多いっていうよね。

だから、日本製なのか、ステルスはUFOの軍事利用だよ。日本製のUFOの単純な物でしょ。感知できないように磁場を変えるか何かして。

―UFOなんてまだまだどうでもいい感じになってしまうね。それより地底から出てきたとか。

地底に入る人はいるけど、地底から出てくる人は事故以外にはまずない。ここ(=地上)は汚いんだ。磁場が荒いんだ。だから生きられないんだ。食べ物はほぼ同じもののところがあるんだけど。所謂、プラーナとかエネルギーを分け合いながら食べる。食べるっていうのかな。(続く)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA