動物と神

国内を旅してみる

(雨が急に多くなったところは訪れる前に調べた方がよく)そういうところというのは雨が降ると土がフカフカになるでしょ。木も昔の木みたいに根がどっしり構えているのではなくて、すごく柔らかい根っこ(?)は昔とは比べられないくらい弱い。だから土と一緒にズルズルと動いてしまう。だからそこはよく観察して。

これからは外国に旅行するより、日本の中を試しながら見てみて旅行した方がいいかもね。案外日本人は違う県を知らないことが多い。行ったことのない県ってわからないんだよね。 

―山を歩いていて、確かに土砂崩れとかで倒れている木の根っこが浅くてびっくりすることがあったね。

里山があったから境界線があったけど、今はないから、動物は降りてくるし、人間は入ってくるし…。

 

動物と神

―そういえば鹿が街中に出てきたってニュースがあったね。鹿っていうと神の使いって?

鹿だけじゃないよ。熊だってそうだよ。熊ほど(神に)近いものはない。

―「くま」という発音が神(かみ)さまに関係するって…。

クマリ。

―ちなみにカラスが多いんですけど。うちの周り。

みんな言ってる。最近カラスが騒ぎ始めたって。

―三本の足(ヤタノカラスは足が3本)はない?(笑)

それはなかなかない(笑)。

でもカラスがいるっていうのは良いこと。いなくなったら怖い。

鳩が増えたら気をつけて。死者が出やすくなる。鳩は死者が好き。 

―え~~!

鳩がよくないというのではなくて、習性として。鳩は磁場が狂ったところとか、死人が発するいろいろなものが好きなんだね。

カラスは道案内(ヤタノカラスの神話)でもあるし、死者と生者の架け橋でもあるけどいつの間にか鳩にとって替わられた。

カラスが襲ってきたら、「あ、あ、あ、あ、あ」ってカラスを見て言うと近づいてこない。近くに巣があったりすると襲ってくることがある(から気を付けて下さい)(2020年6月)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA