副反応という名の副作用(1)

幾度となく取り上げたワクチンの話題を再び。このブログを辿れば、2020年8月のワクチン開発よりずっと以前の段階で、すでに次のようなメッセージがあったこと強調しておきたい。

「部分的なワクチンはできると思う。インフルや風邪薬と一緒。ある部分には効く。でもたとえばA香港型には効くけどB香港型には効かない。そういう変容性があるから。子どもにやっても効かないよ。煽るだろうけど、ワクチンはやらないほうがいいよ。弊害が出てくるだろうし。副作用のほうが強い。子供は自分の部分のDNAで(耐性を?)もっているから。」(参考「コロナとの付き合い方(2)」)

 

――ワクチンに対して反対の意見の本が出てきましたね。2回目打ったら39度台の熱が出たけど…。

あれは「副反応」ではなくて「副作用」だから。

 

――言葉でイメージが変わりますよね、日本人ってあいまいだから。1回目で38度、39度出た人がいて、あれは「副作用」ですよ。

免疫の部分でいえば、30歳より下は打たないでいい。疾患がある人だったら45歳までの人は打たないでいいから。

疾患のほうが怖いから。

 

コロナは血液に作用するから。

血液が固まらないようなお薬を飲んでいる人だとお医者さんから打たない方がいいと言われている。

――自分が病気になったことがあるから、コロナになったらもっと大変になるからワクチンを打ったけど…。

あのね、コロナの毒性はとても怖いので、打った後、熱が出たら、解熱剤を使わないほうがいい。

――ガン治療中でガンは落ち着いてたのに、ワクチンを打ったらがんが悪化して亡くなった人がまわりで2人いるという話を見た。でも、ウソもあるからわからないけど…。

私は実際に医者の先生から話を聞いたんだ。

疾患がある時、若い人は自分の免疫があるから。コロナウイルスはウイルスとしては弱いんだって。だから軽んじてはいけないけれど、変に恐れてワクチンを打って、熱が出たら解熱剤、という方が怖いよっていう話だった。

お医者さんの中でも勉強していないお方々が多くて。

――上から言われたとおりにやってるだけでって感じだよね。

だからそのお医者さんは怒ってたよ。ちゃんと勉強してる人はそのまま鵜呑みにするんじゃなくて、コロナに対してちゃんとした感覚、お勉強をしたうえでワクチンを選択するようにと草の根だけれど医学界の上に言っているんだって。

――誰も聞かないでしょうね。

聞かないって。

――4月くらいに出た本にコロナ対応のまずさは医学会が凝り固まってるからってあった。また、これから出る本にもワクチンの怖さを書いている。

ワクチンの副作用が怖い。ワクチン自体の副作用と、2次的な、ワクチンを打ったがためにほかの薬を使って出てくる2次的な副作用がひどいらしい。

特に高熱が怖い。

――だって、普通に生きてて39度なんて熱なかなか出ないよ。

高熱で脳内の伝達がおかしくなる。うなされたり。

周りのワクチンを打つ人には解熱剤は飲まないように伝えている。

でも、恐怖があって、同調圧力というよりは恐怖。(続く)

(2021年7月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA