人口減少への懸念(2)

近未来に人口は現在の3分の1程度になる可能性があるという。どうしたらその未来を防げるのだろう?

――答えは? 

その人が持っている。なぜなら、今の時代に生まれているから。選択して。それを忘れようと忘れまいと。

――結構厳しい話。でも一人一人の力が意識すればものすごく大きいのであれば、ここにいるメンバーが動けば少しでも違うよね。

光は無くなってない。だから想像してほしい。想像したことを隅々まで転写してほしい。

行動できることや、思いを馳せることを諦めないでほしい。

――暑いから家にいて、ぼ~っとしてますが、でも自分の中でできることを一生懸命想像して、できる行動もして…

思いは時空を超えて、時を駆けるんだ。どこに、祈りをするのか。「ほむろ」と「いのり」だ。

――え、「ほむろ」って?

祝い。言祝ぎ。

――あ、そうか、苦しいから何とかしてくださいという祈りではなくて、言祝いでいけばいいんだ。素晴らしい地球です、この地球で有難いですって。

今、この地に降り立っていますと。どこにいても、ユートピア。

――そういう意識を一日のうちで持つ時間を増やしていけば影響は出てくるかな。(人口が)3分の1に行くのを少しでも変えたいよね。

すればよい。

――するよ、するからね。

それに、人同士はつながっているでしょ。地球の大地もつながっているよ。海もつながっている。空もつながっている。

――それって101匹目の猿みたいにある程度増えたら急速に広がるかな。

ひとりひとりでいい。

――これもだれかが集団で何かを起こすのではない。

だって、この時空には「あなた」しかいない。

――じゃあ私の地球は私一人で変えられる、一人で変えられるってこと?

そういうこと。

――そういう意識を一人一人が持ったら強いよね。

強いね。そしてつながっているから、無意識というものは転写する。そして増幅する。

――方法論は頂いた。できる、できないはあなた次第。

できるでしょ。できなければ方法論は伝えない。

――絶対にその未来には行きたくない。

絶対はないが、方法論が使えないものには伝えない。マッチの意味がわからないものにマッチを与えても仕方がない。それに、そんなに人間は弱くて脆いかねえ?

――今一番気になっているのが、未来がそうなってほしくないってこと。

そろそろみんな気づいて、目が覚めてきたんじゃないの? ただしそれぞれの正義はそれぞれの個人のものだよ。

――もう周りの人に何か伝えて説得しようとは思ってないよ。

伝えることは諦めないこと、伝えたら、見ることだ。観察すること。

伝えられたら、観察させること。

――このサイトも見てくださっている方が増えていて、発信できてよかったですね。

(2021年9月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA