ワクチンによるウイルス強毒化

2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞しているモンタニエ博士が「ワクチンが変異株を生んだ」と発言すると、咄嗟に「発言は誤りだ」とするニュースが登場した(下画像)。もちろんモンタニエ博士の発言のニュースは削除されており、発言が誤りかどうかは疑わしい。こうしたある情報を慌てて否定する動きがワクチンの賛否を巡って起こっており、情報戦が起きていることも認識しておきたい。

 

――ちょっと聞きたいことがあるんだけど。ノーベル賞を取ったくらいの研究者の人が、ワクチンを接種したせいで変異株ができて強くなって感染が広がっている、と言ったそうなんだけど…。

それは弱毒化の時からそのまんま(の性質)だよ。

そしてワクチンで熱が出る人がいるでしょ。

38度後半なら解熱剤を飲んでもいいけど、それより低い時は飲まないほうがいい。

そして変異株というのは、攻撃をワクチンでされれば、強毒化するし、強毒化したものはワクチンが効かないのではなくて、ワクチンのいろんなものを取り入れてしまう

――感染が拡大しているのはワクチンを打ったせいもあるって…。

あるね。

――その話をYahooのニュースが消しちゃった。エイズの研究者の人が言ったのを誤りだって消してしまった。

――ノーベル賞を受賞した人が発言したことを簡単に誤りですって。おかしいですね。

インフルエンザウイルスのほうが、死ぬ人が多いんだけどね。

――みんな何も言わないようになってますよね。

それはなぜか、差別が始まっているからだ。

病院関係者とかの差別が如実だからそれは考えないと。 

 

桃が免疫をあげるよ。邪気も祓うしね(イザナギが黄泉の国から逃げ出した際に、追いかけてきた鬼を桃を投げて防いでる話がある)

(2021年9月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA