ファティマの予言

1916年から17年にかけて、ポルトガルの町ファティマに聖母マリアが現れ、予言やメッセージを残したという。これは「ファティマの予言」や「ファティマの聖母」と言われ、カトリック教会も奇跡として公認している。ただし予言の全貌は未公開となっているようだ。今回のメッセージはその一部に触れている。

ーー自然がおかしいのがひとつじゃないよね。

ひとつではない。ファティマの…。第3までか。だから成就させてはいけないんだ。

――何を?

から7まであるのを。

――何それ? 「1」は何?

はぁ~(深い溜め息) 言わない! でも3まできてる。

――それは最後まで行くとどうなるの? 地球のレベルの話なの? 自然がおかしい、というレベルの話なの?

おかしい、ではない。う~ん。本当の変革になっちゃう。

存在している動植物、人間も含めて、変化と言えば変化だけど、変わってしまう。

――7だと、完全に変わってしまうの? その3まできているの?

えやみ(疫病=コロナ)でしょ、それからいろいろな裏側が見えるようになったでしょ。激動の異変でしょ。

それは、日本ではないけれど、いろんなところが、噴火しているでしょ。火と、火の川(マグマの流れのことか?)でやられているでしょ。

日本は水と、風と、土石流でやられているでしょ。土で。火ではないからね。

で、次は虫の異常だよね。虫とか、この暑さもそうだけど、魚、生き物、植物もそうだよね。

――これが、第3。

うん、いろんなものがおかしくなるのね。だから食料とか、畑の部分とか、が出てくるはずなんだ。だから備えないとね。

――それは、一年くらい前に、みんなには言わなかったけど、食糧危機は来るよって言ってた。

来るね。でも、食糧危機とは言っても、みんな贅沢になっているから。それを質素にしていけば、日本人は生き残ると思うよ。飢餓とかではないから。危機ではあるけど。

――飢餓になってしまうところもあるよね、地球上では。すでに飢餓もあるし…。

地球上ではね。そして砂嵐などで、その場所が無くなってしまうところもあるでしょ。日本ではなく、地球のどこかではすごい風の嵐が吹いているところがあるから。

――その段階を進んじゃってるんだ。7までいっちゃったら…。

まで行かないようにするために、われわれがいるんです。

――7までいかないようにしたいです。それにはどうしたらいいの?

あなた方の選択、意思、行動が重要。

――そういう風にしたくない、意思、選択、行動、をどうしたらいいか、箇条書きにでもして教えてほしいよ…。

「愛がそこにあるかどうか」で選びなさいってこと。

自分が嫌なことは人にするな。

ただし、自分の正しさと人の正しさは違うよ。あれもあり、これもあり、今まで教えてきたことだよ、とても単純。

第7までは言わないよ。人は聞いてしまうとそこに集中してしまうからね。今は第3。

――まだ止められる。でもこれだけはっきりしてきたらリアルだよね。

でね、7まで行かせたいバカがいるんですよ。1%の何とか(=支配者層、ディープステートetc.)っていうバカがね。

――あれでしょ、すべてが壊れたら救世主が現れるって。

(救世主によって)再構築されるってね。できるわけないじゃないか、人間に!!

(2021年10月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング