免疫システムの進化

人類の長い歴史の中では、ウィルスや菌との関りによって自然淘汰や進化を繰り返してきたと考えれば、今回の新型コロナウィルスのことも、人為的側面があるにせよ俯瞰して考えられるだろう。

自己免疫システムの変化

これからはおもしろい。自己免疫システムが変わっていくんだ。これはとても大きい進化だ。日本人は特に。

例えば反応が変われば楽にはなるし、身体も軽くなるし、臓器の温度が少し上がれるだけですごいこと。

今は臓器の温度が下がってしまっている。でも(在宅が増え)家庭で料理を作るようになって和食が増えたから体が温まってきた。免疫システムが戻ってくる。

時間もできてくるから、よく考えたりいろんなことを調べたりもできる、今まで見えなかったものが見える。見てしまえば元に戻れない。

いろいろなジャンルの認識が変わってくると思うよ。農業政策、政治も変わる。

 

長い歴史の中で

長い過去に、菌やウイルスによる変化が地球にはあった。

人間が関わってない時にも…。

 

例えば、天皇が「スメラミコト」、「ミカド」と呼ばれていた時代は民草は顔を見ることもできなかった。

それが今は違う。

人間が100年単位で進化してきたことが、10年になり、3年で変わったりするので、実験も含めて、身体がついて行けるわけがない。

淘汰されるに決まっているじゃない。

 

身体の中の細胞、免疫システムだってそうだ。免疫システムは何かが入って、誤作動をして、壊れて、免疫システムが新たに作り変えられる。その壊れているときに、高熱が出たり下痢をしたりするわけだ。それを乗り越えた種が子孫を残していく。

――生物の長い進化の歴史を見たらそうだね。

それを「きゅっ」と人工的にやってるから、爆発的に死ぬとか、再起不能になるとか。それは進化じゃないからダメなんだ。

――それは淘汰されたということですか?

ある部分はね、ある事柄の対しては動けないわけだから。

 

自然との共存

――長い歴史の中で、コロナもワクチンも一緒で、淘汰の…。

淘汰されるかされないか、されたくないから、ワクチンについても…。

ウイルスってとても弱くて誰かと共存しなくては生きられない、共存するためには強すぎたり、弱すぎたり(強毒、弱毒)と、変化して共存してる、SFみたいに過去に行って、例えば江戸時代の人は今の世界の風邪のウイルスには弱いから死んでしまう。

コロナウイルスはずっと土の中にいたのが、掘り返されて出てきたわけだから。

――人類を生物として考えた時、進化の一環でこの状況になっていると…。

それに茶々を入れている人間が多数いるということ。

――人間はどうしても自然をコントロールしたいし、するから。

コントロールしていると思い込んでいる。

――以前、すべて、コロナウイルスやワクチンも、自然の一部だと言っていたね。地球が存在を許しているから、存在できると!

(2022年2月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

特集テーマ

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA