金正恩

ここ数年、世間をあれほど騒がせていた北朝鮮の指導者・金正恩に関する動向は、2020年になってからさっぱり聞かれなくなっている。過去のメッセージを拾って見えてくるものは、独裁的な強権の指導者像とはまるで反対に、恐怖に怯える男である。暗殺への恐怖から影武者を使ってきたが、本人はすでに意識がないという。

怯える指導者(2017年11月)

北朝鮮はもう自滅している。だからあの坊っちゃん(=金正恩)は怯えてるんだ。怯えている人間ほど怖いものはないよ。

(内部崩壊するきっかけは)もう入っているんだけど。(=金与正がネック、鍵。妹に接触してくるもの(この会話の2017年暮れの時点では、平昌五輪はまだ開催されていない)がキーになる。もう(崩壊は)始まっているんじゃない? 恐怖にかられた人間と切れた人間は怖い。何も考えないで持ってる者も持ってない者も関係ないから。一番強い。ルールも何もない。

 

脅しをかけられる指導者(2018年4月)

(2018年1月、平昌五輪以降に北朝鮮の外交姿勢が変わり、3月には金正恩委員長が習近平主席と初会談、4月には南北首脳の会談が開催。北朝鮮が急に態度を変えて、あちこちと仲良くし始めたのは)表面上はね。恐れがあるんだよ。相当な脅しもかけられたし。(金正恩は)もともと「恐れ」を持っている人だから。(脅しをかけているのは、中国)アメリカも多少はね。プーチンもそうだね。でもプーチンは(自分の)手を汚さないから。プーチンが他の国に脅しをかけて、そこが北朝鮮に圧力をかける。 アメリカは表面上でも裏でもずいぶん前から脅しはかけてる。

 

影武者の存在(2018年7月)

国外に出る時は影武者だね。すごい猜疑心の塊。家(=国)を空けられない。一日ずつ転々としている。奥さんは同じだけどくっついてまわっているだけ。お父さん(=金正日)5人くらいいたかな。影武者は(自分が本人だと)思い込ませているんだ。薬使って整形して。

(影武者だと人々が気づいているのでは?)そう思ったとしても、本当にそういうことが起こっていると認めていない人が多いんじゃないかな。わからないことにしていて。

 

ノイローゼと恐怖症(2018年11月・12月)

(シンガポールでのトランプ大統領との米朝首脳会談は金正恩の影武者であるという話から)

米朝首脳会談 握手の瞬間の映像

あれ(影武者)は強制的に最初の人格を壊されて、洗脳をされて整形をして、本人もそうだと思いこまされている。思わせられている。そうしないとできない。全ての人格を壊されるんだ。(影武者が)会談をするときはどうするか。妹と側近がいるでしょ。(でも)本当の妹は出てきていないだろう。

(本物は国外に出たらクーデターが起きるので彼は)もう、ノイローゼ、恐怖症。殺してきた一族だし、それを見てきたし、自分も殺してきたし、誰も信用できない。

 

北朝鮮のトップ(=金正恩)はすごく神経症ですね。何をやっても休まらないでしょう。寝るたびに殺した人たちが(夢に)出てくるだろうし、自分も暗殺を何度もされかけている。そして本当に信頼できる者がいない者は哀れだねー。一人もいないだろう。いたとしても信じられないから自分で殺してしまう。

 

妹と弟の存在(2019年3月)

北朝鮮のトップは頭はいいけど、ノイローゼなんだ。殺されるって。妹だって信用してない。一番下の弟は隔離されて、天然培養されている。今のトップが殺された時の代わりだから。

 

意識はもうない(2020年6月)

北朝鮮のトップを見ておきな。もう危ないんじゃないか。もう意識はないよ。

写真よ~く見てみな。違うから(=影武者が登場している)妹が出てきているんだけれど、隠されている人物もいて、弟もいる。それが出てくるよ。表に出てない弟。出すわけないじゃない。兄弟も全部出すわけないじゃない。

もう意識がないっていうのはわかっている人たちはわかっているんじゃない。結構周知の事実だと思う。中国の医師団が50人くらい行ってるじゃない。でも公になる前に8人ぐらい行ったんだ。コロナじゃないんだよね。 肝臓、腎臓かな。すごく彼は暗殺に神経質だったから。ご飯もお毒見がいたしね。

そして、トップが変わる前になぜ偽物(影武者)を表に出さなければならなかったかっていうと、内部抗争が起きているんだよ。で、弟を全面的に出すのか出さないのか、要するに傀儡を妹にして裏は弟にするっていう線が今は主流だけどね。

(2020年10月編集)