トランプ大統領

現在(2020年10月)、アメリカの大統領選挙の真っただ中であるが、あらためてトランプ大統領についてのこれまでのメッセージを拾ってみたい。派手なパフォーマンスで賛否両論のある大統領でも、やはり裏の権力の存在があり、役割を演じているに過ぎないのではとも思う。

当選はできレース(2017年1月)

あれ(大統領当選)はできレースでわかってたことだ。戦争は始まらないけれどね。でもサイバー戦争は始まってる。

ロシアとタイと中国と。アメリカの中でも州も。

でも、しょせんトランプさんはハリボテだよ。裏にサイバーに長けているのがいる。それがフィクサーだよ。あまり人間にとってよろしくない者だ。

できレースだということ。トランプという名前が出てきたときから私はこの人がなるよって言ってたよ。これはできレースだから惑わされないでって周りに言ってきた。その後にちょっと若めの人が出てくるはずだからって。大統領としてではなくて最初は補佐だろう。

ただ、補佐に見えて、誰も注目しない人が成るだろう誰も注目しない人が動かすだろうね。見えてこないけれどもIT関係のさる有名な人物。

トランプは暗殺されないよ。傀儡(かいらい)でハリボテだから。そういう噂(暗殺されるのでは)を流しておかないと。暗殺されるというのは彼に対してヘイトがあるから。あれも誘導なんだけど、それを本気にしてしまう人もいるから怖いけどね。

日本にとってはトランプは慌てなければそんなに悪い話ではないよ。単純で、かっかしやすいし、表面の利益を見る人だから。大阪商人みたい。大阪商人がわけのわからない権力持ってしまった(笑)。いや、交渉術はうまいんだ。エジプトの交渉術と大阪商人の交渉術はうまいんだから。

安倍さんもそうだけど、感覚が合うのは麻生さんだ。

 

正直で権力好き(2018年2月)

トランプさんが一番正直だと思うよ(笑)。 嫌いなものは嫌い、女性差別はする、一番隠していない、いい意味でも悪い意味でもね。(政権が長続きは?)しないよ。中間選挙は結構痛いと思うよ。誰も褒めてくれないから、自分で自画自賛するのよ。不安なんだよきっと(笑)。

(ペンス副大統領)の方がいいのでは?)そうだね。でも誰が大統領なっても歴史は繰り返すって時期にきているね。第二第三の人がいいかもしれない。頭のいい人たちはいろんなことを学んで学びきった時にトランプさんの側を離れている。トランプさんは単純で正直、権力が好きなの。

 

大統領ではなく商人(2019年2月)

この一年(2019年)は大事なんだ。

権力のある人たちが次々と変わっていくだろうから。いろんな意味で。膿(うみ)が出てくるって言ったでしょ。トランプさんがやるのも辞めるのもできレースだから。 

あの人はただの武器商人で、商人だから。大統領でないから。感覚が。でも、大統領の感覚がないから、本当のことをぺろ~ん、ぺろ~んて言っちゃって周りが慌ててることは確か。あれ、本当のこと言ってる、いっちゃいけないこと言ってるって、見てて思うんだ。 

 

シナリオ操作の存在(2019年3月)

あれは商人だから。(初めての)大統領選だって(本人が)当選すると思ってなかったんだもん。それを操作している人がいる。

トランプさんはずっとやっているのではなく、必ず変わるから。それもシナリオにあるから。そして若い男の人が出てくるから。

選挙の前からトランプが出るって言ってたでしょ。トランプは当選して驚いてたよね。彼は本当の商人だから、人に与(くみ)しない。儲かるかどうかだから。そして、おもしろいのはよく聞いていると、間違ったことは言っていない。過激で、表現の仕方はおバカではあるんだけど、みんなが言えないことを言っちゃうでしょ。そしてどんどん首切っているでしょ。

 

政権は傀儡(2020年6月)

トランプさんはもうちょっと政権が続くと思うよ。傀儡だし。もう後ろにいるからね。

(バイデンさんでは勝てそうもない)まあ、大変でしょう。トランプさん自身はわかってなくても傀儡になっているから。キャッキャやってお山の大将だから。操りやすいかな(笑)。でもあの人は、私は何回も言っているけれど、大統領とか首相とかではなくて商人だから。

(彼が俳優だとして、動かしているバックがいる?)いるね。彼が(あの反対派が多い中で)何で大統領になれたのかな?

(2020年10月編集)