鵺(ぬえ)と件(くだん)

作者 不明 (scanned from ISBN 4-3092-2431-8.) [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由

 
鵺(ぬえ)や件(くだん)というのは、日本で古くから目撃されてきた妖怪だそうだが、今でもその目撃情報はあるらしい。

―鵺(ぬえ)の目撃情報がネットにあったね。

実体としてあります。件(くだん)鵺(ぬえ)はあります。件(くだん)は、出てくると天変地異が起こるという妖怪。鵺も件も神獣なんだけどね。 

鵺は予兆。件は警告。

件は3回警告を発したら死んでしまう。件が(警告を)言えば確実にきます。だからそこから逃げればいい。 

天変地異の時、3人のおばあさんが警告した、といった報告が各地でされている。

(くだん)は姿を見せる。するどく3回鳴く。それが警告になる。顔が牛。逆もある。女性の身体に牛の顔は人間から生まれる。身体が牛で顔が人間は牛から生まれる。生まれてすぐ警告する。その後死ぬんだ。

関東大震災の時も件(くだん)牛鬼も出た。日本政府は知っている。諏訪大社の祭神とされた。小豆のご飯は祓いになる。    

(ぬえ)は皇居の周りに出ると思う。京都御所、赤坂の東宮御所、東京神宮の屋根のところも。 

平安時代にも鵺(ぬえ)は出てくる。悪いことではなく時代が変わるというときに出てくる。平安時代は清涼殿にで出た。人間の思う渦(うず)が固まって出る動物なんだ。
 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング