音と言霊

「鬼」というと何か怖くて悪い者のイメージがあるが、「音」をたどってみると、少しイメージが変わってくる。日本語は異なる漢字でも音が同じであると、共通点があったり、言霊にも通じることがわかってくる。(2015年6月)

御皇城山(おみじんやま)の「おみじん(竹ノ内文書に登場する重要な場所)」は「おにじん」だ。「おにじん」は日本人の祖の祖。日本人はもともと鬼だから。 

(一方、)天とか天子とか天皇、「天」がつくのは「あま」だから。天之日矛とか。矛は守る、攻撃するとか。これは外から来たものだ。(朝鮮半島から?) 

(日本人は)みんな鬼の子孫だからね。鬼という響きはいい響きと悪い響きとあるじゃない?「おに」というのは怖いものではなくて「隠(おん)」、隠すのがうまいもの。

「おんりょう」(漢字は不明)といったら、行動を隠しながらする人、忍者ではなく。「隠」とはもともと隠されていた力とか、隠されたものとかの意味だ。 

「隠」のものたちは、それぞれ特質によって名前が分かれていた。スサノオの「す」という字、素の人の本質の部分に伝える力、素、魑魅(すだま)の「す」。素直の素。

アマテラスの「アマ」は「天」という字。天(アマ)は「みつめる」とか、「ひろがる」とか。司る人、要するに神の声を聞いて伝える人だ。

 「素」は素直、素になるということ。

―どんな役目の人なの? 

その人の素直さを出す人。

―祓いをするときにも「スッ」って払う。

それは元に正すこと。元に戻す、素になるため。ゆがんでいたら、病気、気が病む。病んだところを祓う、開く。「すっ」ていうのは開くんだ。

スサノオとか、スセリヒメ(スサノオの娘、オオナムチ=大国主の妻)とか上に「ス」が付くものはそういう能力がある。祓い、守り、攻撃ではない。

―でも 祓って壊れちゃうのもある。

それは相手が弱いんだ。

―音の感じとイメージがあうのが面白いね。そこが日本語の凄いところ。

「ことたま」と「ことだま」とある。

「おとたま」は、「スッ」とか、「フッ」とか、力を入れると「ハッ!」とか。止めるときは「んっ」とか、「おん」とか低い音だし、これが「おとたま」と言われるもの。

いろんな音が合わさったものが「ことのは」。昔は濁ってなかった。濁点が付くのはそこに止めるというもの。ピンでとめるような。

(このことを知っていれば)知っていれば自分たちでも使える。人に頼む言葉やお礼を言うときにつかえる。おとたまを知っていれば、ことのはが知らないうちにきれいになる。

 ―言っている言葉だけでなく、言葉に乗るものがきちんとあり、神につながると思えば汚い言葉はつかえないね。

神は結びだからね。

「ふっ」は下に広がる。「腑に落とす」は下がるでしょ。上がる音、下がる音、そこにとどまる音を自分で見つけると面白い。 いろんな音がこの世界にある。

―その感覚を忘れてしまっているので思い出さなければ。

好きな音、好ましくない音があるはず。周波数だと思うけど、見つけてみると面白いかもしれないね。