試される情報社会

2020年の東京オリンピック開催で盛り上がる中、五輪エンブレムのデザイナーとなった佐野研二郎氏のデザインへの模倣疑惑が持ち上がった。結局、エンブレムは撤回となったが、マスコミやネットでの佐野氏への誹謗中傷は、人々の悪意すら感じさせるものであった。私たちはこれからネット社会とどう向き合っていけばいいのだろう。(2015年9月)

人は猜疑(さいぎ)心、自分自身を信頼する、情報を見極めるという事柄をとても試されていると思う。

周りを見てみると、何も考えないで行動して、なんでこんな風になるんだろう、と自分を顧みていない。だから、他人が自分をいじめると思ってしまう人もいれば、これがいけなかった、これを学んだからちゃんとやろうという人もいる。それを試されることが多い。

これを気をつけなさいよ、というのがはっきり見え始めてきて、呑み込まれるのか、学んで上に立つのかという事柄がちょいちょいあるかな。テレビをみていても、周りでも。

その中でも巻き込まれないように。見せる怒りはよいけれど。いけないんだよという、お不動さんの怒り、あれは本当に怒っているのではなくて、その姿を見せている。相手のことを考えて怒るのは良いけれど、それともこの野郎!と思うだけなのかの違いなのだけれど、それはとても大きな違い。

それを見極める出来事が、いろんなことが、日本のなかで起こっていると思う。それもとても早く。

―インターネットの力もあるね。

インターネットは諸刃の剣。薬になるのか、毒になるのか。ツールとして使うのか、ツールに使われるのか。匿名性があるから、それを意図しないで載せた事柄が、違う方向に行ってしまったり。まさに新しい道具として、使い方を試されている。

―自分の中にあるマイナスの思いを、何かに、この間のエンブレムの問題のように、攻撃の対象にしてうっぷんを晴らすようなことが起きる。そういう悪意が大きくなっていないかな。

大きくなったのではなくて、見えやすくなった。人は自分たちの目に触れないものは、ないものとするが、今、それが見えやすくなった。

―見えやすくなってきたのは、存在を見ることだから、こういうことがあるとわかることはよいことかもしれない。それを避けるためにも。

これはどういう意図、意味として、教え伝え、お勉強させてくれるのかなという。(ことわり)がなければ、それに対する人の反応もないわけだ。ないものに反応はできない。どんなことにしても、見えてくるものはよいものだ。見えなければ直せない。見えなければ伝えられない、見えなければ感情も動かないだろう。

―見えなければ、無いものになる。さっき、見えない悪意があるよねと話したことだけでも違うわけだ。

確認したわけだ。あることを認めたわけだ。

―そうすると、その有るもの(見えない悪意)に対して、私は同調したくないと思える。

同調したくないという、意思ができるわけだ。その意思によって動くとしたらどんな動きになるかだ。愛のみによって、悪意はしぼんでいく。違う様相をみせるわけ。ただのテスト用紙だということがわかるでしょう。

テスト用紙に腹を立ててもしょうがない。どうしたらその事柄が起きないようになるのか。もしくは起きた時の対処はどうなのか。それだけに過ぎないし、それすらも己の感情や己の出来事をふまえた上での事柄だから、それでしか目で見えないわけだから。後はもうひとつできるとしたら、これは高等だけれど直感に従うことだ。人はその瞬間には従わないものだから。

―電車でこの車両は乗りたくないって思ったら避けるという話をしていた。

いいんじゃない。あなたが避けるとしたら、あなたが避けたという形になるんだ。ほかの人は別に乗っても大丈夫だし、ほかの人もそう思ったら、そしてあなたの乗りたくない、という念が強ければ、その車両はガラガラになる。伝わるから。面白いことに、いやだとか、嫌いだとか、の思いは早いんだ。愛している、好きだっていうのは遅いんだ。その長さとか感覚を覚えていれば、焦る必要はないんだ。また、焦った時に、「焦ってるんだ~」と楽しめばいいんだ。

―なんで遅いの?

愛しているとか、好きだというのは浸透するのが遅い。その人に。嫌いだっていうのは、(言われると)ストレートに「なんで~(怒)」って。

人間って良い言葉や聞き慣れていない言葉は照れるんだ。でも照れる必要はないよ。言われ慣れていない言葉を言われたら、思いっきり喜ぶ。ほめ言葉でもけなされ言葉でも。喜んでみる、で、この感情は違うと思ったら、次、行ってみればいい(笑)

―私に「愛してる」って言われたら、とりあえず喜んでみる?(笑)

後は言葉でも心でも「ありがとう」といってみる。そうすると状況が変わっていく可能性がある。「ありがとう」は強いよ。バリアーにもなるし、人を救う言葉にもなるし、人を導く言葉にもなる。

―さっき嫌な人や嫌な攻撃をされた時にどういう対処の仕方をしたらいいかと。

嫌な攻撃をされた時に、この人はこの役割をしてくださったのだな、だからこそ、嫌じゃないこともはっきりわかるんだな、ありがとう。

―嫌なことがあれば嫌じゃないこともわかる。

そういうこと(経験)は自分じゃできないから、ありがたいなあになる。そういう風に思うと、そういう人たちはふっと消えていく。

表に出ない悪意など、溜まったものを見るときに、認めると小さくなる。
あ、これは悪意なんだなと認める。

―私個人の小さな事ならその対処でできると思うけれども、世の中的な空気の中での対処は?

祈ればいい。それと同時に「ありがとう」を使えばいいし、愛せばいい。それすらも道具だから。できないということではなく、とりあえずやってみる。そうすると物事は動くから。そのこと自体が変わっていく。みんなおかしいと気づき始めているから。

報道をしている人、報道しているカメラマンとか、立ち位置を決めている人たちはもう気づいているんだ。「商品はいいですけど、この欠陥があるから気をつけましょう」というのと、「欠陥がありますが、商品としてはいいものではあります」というのは違うでしょ。悪意の伝え方がある。その言葉遊びに見ている人が翻弄されている。逆に力が強い。

―今、ある年代を境にマスコミの言っていることを鵜呑みにする人たち、高齢者とか、おかしいと思う人と、テレビや新聞を全く見ない若い人に分かれてきている。
真実がどうかということを考えるツールになる。

少なからず、若者たちは自分の力で考えている。

―若者たちの中のある人たちね。

驚きはするけど、否定はしない。でもある年代から上の人たちは「なんだこれは~!」「私は認めない」「排除しましょう!」行動が過激なんだよ。こっちか、そっちかで。中道がない。

だけれども、若者は知らないだけ。「ない」のと知らないのは違う。「ない」と思いこんでいるのは古い人たち。知らないのは若い人たち、だけど、知った時にはちゃんと受け入れる。

 

 

人生は肩代わりできない(2)

人生は肩代わりできない(1)の続き

―たとえ間違ったと思われる経験をしても、経験で終わらせられる。

経験として終わるとまた新しいものが来る。その経験をしたがゆえに自分の目線が新しくなる、ということなんだ。今の自分が最高だというところからスタートしてほしい。他人と比較ではなく。

今に存在してほしい。過去や未来にも思いが行ってもいいけど

幸せを求めるのでなく、幸せであればいい。そこからスタートすると、そのまま幸せのままでいられる。求めると、「求める自分」になる。おもしろいことにそれをすると、そういう人と巡り合うようになる。明かりが欲しければ、明かりになればいい。そうすれば光るものが寄ってくる。

 

不思議な話や、(なにかに)助けられた、という話が増えている。なんとなく手助けをしてくれるものが増えた。次元のリズムが変わってきた。混ざってきた。

山歩きする人は気を付けてね。午後4時から8時ぐらい、夕方は気を付けて。違う次元の扉が開く。逢魔が時。 夜中は魔が時。丑三つ時。その時間帯は見やすい。神様は明け方4時ごろから動く。逢魔が時はセピア色になって音が聞こえなくなるから、気を付けて。

(それから)「呪いの藁人形」なんていうのは届かないから。素人がやっても。

でも、自分なりにありがとうという思いや、人を応援する思いは届きやすいし、近年そういう思いを出す人が増えてきたね。

―以前、3分でいいから地球のために思いを向けてほしい、それがどれだけ力になるかという話をしたよね。

それもだけれど、自分のためにまず思いを自分に向けてほしい。自分も地球を取り巻くものの一部だから。自分自身のために祈った時につながる他人のことを祈ると繋がりやすい。自分が地球の一部だと思っている人は他人も地球の一部だということが認められるよ。

とても単純なのだけれど、難しい、太古から言っていたことだ。

―「オープンハート」という名前のお菓子があるよ。

人は人に対してopenにすることはある程度できるけれど、自分が自分に対してオープンにすることは難しいよ。見たくない自分、見にくい自分は見ない。

その良くない自分はひっくり返すと成長できる。それには見たくない自分をしっかり認めていくこと、今自分に必要かを選択する。存在を認めると丸くなるんだそれを認めると、行動が大胆になる。認められたら、弱いと思い込んでいた自分が形を変えてくる。それはとても難しい。あえて、チャレンジしてください。

(自分を)認めれば認めるほどなりたい自分になれる。いろんな自分がOKだ。

―自分のOKは自分で出さなければ納得しないだろうね。

それができると一日を一日として生き抜くことができる。

―こんな風にアドバイスを受けても、納得できないこともある。何がしたいか、自分が納得したいということがよくわかる。どこが納得できないかを見ていくしかないね。

答えは自分の中にある。往々にして人に対して、全く違う答えを用意する。

―納得できない自分を見せてもらう。何に引っかかるのかわかる。自分自身を納得させるためにしか生きてない。

自分自身をうまく楽しくわかるためにしか生きてない。それでいい。その経験をすること、していることを見せられることによってのみ、人は人であるという自覚をもつ。人が一人しかいなかったら、人とわからない。

―神は一人だと自分を見ることができないから、人間を作ったとどこかで読んだ気がするな。

神様はいちば~~~~ん甘甘の親バカです。人間を見て応援をするけど手は出さない。信じているから。 

―だから、地球をだめにする選択を人類がしちゃったら、それに従うと思っているのが神様らしいです。神様はたすけてくれるのではなく。今回もああ、滅びちゃったとならないように伝えていくことをしている。 

伝えなければ。 

やってほしければ、やってあげなさい。そうすれば自分に返る。近年、自分に返ってくる時間が早くなっている。

小休憩後

テストがあります。自分の選択をして、自分で決めたという自覚をして動いてみてください。自分で自覚をしないときとどう違うか見てください。確かめて実感してください。どんなことでも自分自身でわかることでいいです。小さいことでもいいです。

例えば、みんなと食事に行ってみんなと同じものを頼むのではなく、自分で自覚して選択をしてみる、など。楽しくやってほしい。

それがどんなに重要で、自分にとって付加価値があって、どんなに楽しいか。それをすることによってまわりにどんな影響があるか。できれば普段と違う選択をお勧めします。その周りの反応を見やすい。

それをするためにはちょっと離れて自分自身を見つめることになるのでその訓練になる。

これをすると細胞が若返ります。ワクワクすると若返ります。

人生は肩代わりできない(1)

「人生は肩代わりできない」というメッセージは、当たり前といえば当たり前であるが、自分で認識して、選んで、行動するということも実は誰かのせいでもなく、肩代わりできない自分のものである。そう考えてみると、人生すべてが自己責任だといえるかもしれない。(2014年6月)

人が本当に笑っている世界、一部の人ではなく皆が(それが理想?)。表面的な流れと、裏のコントロールしたい側の流れ(→参照「コントロールする者」は太古からある。

―たぶん、私たちはそういう闘争とは関係ないね。ここで話していることが大事だと思い、楽しく生きていれば、周りの人は楽しそうな人の方へ来たいと思うだろうね。

だから、今までそういう風な人がいなかった。そうしないために(ある者たちが)罪悪感を飢えつけた。楽しそうにしているけどいいのかしら、みたいな。 

―自分で認識して、自覚して選択し、その結果を引き受ける覚悟をすれば、「われわれさん」たちは(手助けに)介入することができるという話だった。そうじゃない人に手は出せない。

その人が選択しなければ、手が出せない。その人の人生はその人のもの。SOSを出すということは、必要なことを認識して行動しているから手が出せる。 

「助けて」(というSOS)だけでは「何を?」になる。人が人を助けることはできない。人に対しては手助けしかできない。ヒントは出せる。そのヒントで行動するかも選択。自分で選んでいいんだ、ということをわかってほしい。とてもこの世界は単純。 

いいと思われることでも悪いと思われることでも最終的に「おケツを拭くのは自分自身」で、逃げることはできない。 

人間に何千回も伝えてきている。何億年も伝えてきている。でも伝わらない。 

―はじめに「われわれさん」を信頼しているが信じていないと言ったのは「信じる」は良い悪いを考えずに信じるが、自分で認識して、自覚して、それを選択することが大事。信じるではなく認識する、ということが大事だ。

誰も誰かの人生は肩代わりができない。するべきではない。信じなさいは違う。信じるか信じないかを選択してね、と。いやならやめてね。私たちは、これは良いと思ってやっているのよ、「見てね」がホント。 

今までの宗教は信じてね、やめたら祟るよ、誰が? ()

でも一番怖いのは生きている人。考えるのも人間、システムに移行するのも人間、お化けは人間に何もできません。怖がる必要はない。人間の方が強い。

一分一秒、生きていることが奇跡だからね。息をしているということ、細胞が生きているということはコントロールしている精神体がいなければできないこと。それこそ不思議なこと。 

だから次に選択することが大事。自分の経験の中でしかできない。堂々と選択をしてほしい。今の段階の自分の選択だと思ってほしい。そうすることは今の自分自身を認めることになる。認められると自分自身、細胞も含めてうれしくなる。存在を認めることになる。だから堂々とやってほしい。間違えることもないし。経験があるだけだから。(続く)

 

意識と思いの力

われわれ人間は、自分たちの思いや意識を少し過小評価しているかもしれない。何か直観したことや、想像したことが実現しても、それは超能力とか、偶然で片づけてしまっている。そんなことに気づかせてくれる。(2015年6月)

もともとシックスセンスは(誰でも)持っている。今だって、ごく近い身内とかで虫の知らせなどあるだろ。電話がありそう、電話したいと思うと電話があるとか。

だから、意識は飛ぶんだ。意識は形を作るんだ。

それをホントにそうなんだと思ってほしいし、思うための経験をどんどんしてほしい。どんどん自分たちが良いようにしてほしいと思う。 

―この会で言っていることって、そういうことが多くて、「外計」にしてもね、直観にしても。それに従ったら生きやすいね。

もちろん。自分自身を見つめて、自分自身が選択できるってわかって、責任も自分自身だけれども、憂いも喜びも自分自身だし。そうしたらとっても生きやすい。私はこうだよ、あなたはそうなのねって。

ここで何を学ぶって、自分自身は何者であるかってことでしょ。そして何者である自分自身は何を学びたくて何を求めて今の自分になっているのか、でしょ。

それをはっきり言えるようになるための勉強じゃない。それには人間外のものも関わっているよ。それをほんの片隅でもいいから思ってほしいって言っているの。

―なんて謙虚な言い方。

いや、もう、謙虚だとかそういうものではなく。

やることやるさ、やりたいからやる。それは人間だけのためじゃない、生物、鉱物も生きているんだ。すべてにおいてのバランスだ。もしかしたら、人間にとって、人間の経験にとって悪いものと映るかもしれない。その逆もあるかもしれない。

「促し」(=地震、火山、天候も含めている)がいっぱいあるから。まだまだこれから。

―できるだけ、小さくしてください。

―人間もそちらを知りたい、そちら側も人間をほっておけない、気が付いてほしい、この状態ってお互い、永遠の片思い状態!

人間のことを「この人間め!」って言っている奴ら(存在たち)も本当は関わりたい、興味がある。それほど思われているんだけど。人間が作れるって思ってくれるとありがたいんだけど。(何を作れる?未来、現実??創造かな?)

だから、とても「思い」が重要なんだ。すごく責任があること。想像力は強いものだから、よくよく感じて作っていってほしい。今はとても動きが早くなっているから実現も早い。そして、表面ではなく「本当の思い」が実現できるからね。

―私、痩せたいのってお菓子食べてたら、実現できないってよく言われた(笑)

そうそう。自分の本心を見なければならない。自分の本心を見るのってとてもきつい。いい自分は見るのは楽だけど、弱い自分、汚い自分、嫌な自分を見るのはきつい。それをひっくるめた自分が経験できる自分なんだって見た時に、人はもう一人の自分に出会える。そのもう一人の自分ってとっても大事で、とっても貴重だから、試してほしい。いい意味でも悪い意味でも、いろんなことが早く出てくるから。

 

今、伝えたいこと

このメッセージはお話し会の休憩のあとに、降りてきたメッセージを突然、語り出したものである。短いものであるが、力強い語り口調であることを想像しながら読んでもらいたいと思う。(2014年10月)

「希望は最大級の防御であり、最高級の愛である。希望の「き」は気質の気のこと。自分を知ること。希望の「ぼう」はいろいろな意味、忘却の「ぼう」でもあり、冒険の「ぼう」でもある。

自分を知り、自分とともに冒険をすることは忘却につながり、己自身を認め、信じぬくことにつながる。イコール最大級の愛である。

そこに他者は介入できない。それぞれのものでよい。」

(これが)上から降りてきたメッセージだ。

希望をもっているということを自分で認識すること。

この世界には自分一人しかいない。

自分を感じるために他者がいる。他者がいなければ、自分が自分であることがわからない。そこに善悪はない。上も下もない。

「われわれさん」と我々の差もない。同じ気質をもっていなければ接触はできない。

どんな選択であれ、どんな形であれ、今の立っている自分がどんな形であれ、無条件で愛されていることを忘れないことだ。存在を認められていないものが、そこに存在できるわけがない。

それは人間同士が見て、どんなに残酷なものでも(存在が認められていなければ存在できるわけがない)

だから我々はかわいい和子たち。わこの「わ」は平和の「わ」、わっかの「わ」。「こ」は個別の「こ」、こどもの「こ」。一番簡単なのは「丸(まる)」。まるをかいたら「わこ」とよむ。

これをどうしても伝えたかったようだ。

「紡ぐ」ということ

紡ぐ(つむぐ)という日本語はあまり使われることがないが、改めて考えると美しい響きと豊かなイメージをもつ言葉である。(2014年2月)

―「つむぐ」の意味は?

「繋がる(つながる)、織る(おる)、おりなす、お互いに形を作って絵にする。」ということ。波動的なタペストリーで、(音の)和音、倍音もタペストリーだね。

―巫女さんは神話では機織りをしている。どうも機織りと神事は関係があるようだね。

機織りの音も関係する。心臓の音、血流の音。

―何千年、何万年の人の魂の遍歴や縁などの形が織物として表現されることがある。

アボリジニの記録もタペストリー。目で見えるものもよいが、(五感)全体で感じるタペストリーもいい。

―私たちのこのお話し会も1年半のタペストリーがある。メンバーそれぞれのタペストリーを持ち寄っている。

それぞれの経験があって、それぞれの疑問があって経糸と横糸になる。「腑に落とす」ということは経糸と横糸が合致するということだ。

―今自分がある中にもっと昔の自分がいた、それがつむいで今がある。織りなしている。

とてもイメージを呼び覚ます言葉。だから隠されたんじゃないの。

―繭(まゆ)から糸を引き出すことが「紡ぐ」。「何かから引き出す」というのがいろんなイメージがわく。糸を引き出す人が紡ぎ手。私たちのこの座談会からそれぞれが糸を引き出して、自分の織物を作っていく。

「つむぐ」という視点で一日過ごすと何かが変わるかもね。

今ここにいること

なぜ、今の時代に生まれて生きているのか。自分で動機をもって、自分で選択して生きる時代がやってきていることをメッセージで何度も伝えられている。(2013年12月)

今、自覚して能力者が生まれている。それが間に合うかが心配だけど。運を天にまかせるならちゃんとまかせてほしいと神様が言っている。

一番大事なものは今ここに現存している自分の意識を大事にしてほしい。何ができて、何をみつめて、どういう動機で動くのかを大事にしてほしい。それをやっていただければ、神様はすごい力で動けるので邪魔しないでほしい。

―普通のことを認識して大事にしていくこと。意識して、自覚していく。

これができていたのにできなくしたのは戦争。

 ―この会に参加することも、家で家事をすることもお仕事をすることもこれを選択していると意識すれば、それは地球を救うことになる。

経験をするとその前にはもどれない。1000年以上も前からの神様の願い。気付きなさい。自覚を持ちなさい。動機をもちなさい、自分で選択できるんですよ。そういう単純なこと。

経験しか持っていけない

先祖供養の話題から、この世での私たちの「経験」の話へ。棺桶に財産は持っていけないといわれるが、どうやら経験は持っていけるようだ。(2015年6月)

―以前、私の後ろにおさげの20歳くらいの女の子がいるって言われた。その話を母にしたら、あ、それは〇〇ちゃんだと。それを母が思い出したってことはその人だろうと思った。私は全く聞いたこともない人だったけど。戦争中に亡くなっているから、おいしいケーキとか一緒に食べようねと思ったりした。

気をつけなきゃいけないのは、一緒に食べようねっていうと、たくさん食べて、肉だけ付くよ(笑)

―前に言っていた、飲み屋にいるお化けのように(注・以前、飲み屋に飲み足りないお化けが憑りついて、お客が代わりに飲んでるので飲み屋が儲かるという話があった)?(笑)

そういうことで身になったものはあとから落ちるから大丈夫。

―しっかり夕飯食べたのに痩せていたかも!座談会ダイエットだ(笑)。

思いを共有しながらやるのは必要なエネルギーが入って、不必要なエネルギーを受け渡すってことだから、とてもよい供養ダイエットになるよね。

―初めて聞いた言葉だ、供養ダイエット(笑)

先祖供養って、お経をあげたり拝んだりするんじゃなくて、こんなに元気に楽しく生きていますよ!これも先祖様のおかげです、ありがとう、向こうで頑張ってください!これが供養になる。

どんな思いを抱えていたとしても、肉体があるのとないのでは見ているものが違う。見えていると修行にならない。

あの世は時間(という概念)がない、好きなことが職業になる。しばらくすると飽きて、また1ランク上に行く。人を教えたり、子供たちを慈しんで育てることもできる。

この世界にあるものは向こうの世界にあるし、向こうの世界にないものはこの世界にない。できない。微塵も思いにない。表裏一体。幽世(かくりよ)は隠された世。この世界は現世(うつしよ)、つまり向こうを映した世。向こうにあるものは全部ある。

だけれど、この世界は時間と距離がある。それは決められたルール。向こうにはそれはない。

重要なのは苦しかったり悲しかったりすることがおきるのはチャンスなんだなぜなら、その時にしか考えられないこと、行動できないこと、味わえないことってあるから、自分自身が自分自身を感じるチャンスなんだ。

―伏見稲荷神社で大凶のおみくじを引いたのはこのことだったんだって。

でも、災い転じて福となした。福となした瞬間に、言葉で語れることになり、経験になった。自分の経験って一番重要だから。経験の感覚しか、向こうの世界にもっていけない。

なぜそこにいて、なぜそのものが来たのか。目線を変えれば、同じコップでも丸も縦長に見える。悲観的にみるのか、そうでないか。

経験したことはもう来ない。人に話せると言うのは経験したから話せる。経験は真実だから、人に話しても重みがある。聞きやすい。

人は見えるものは案外見えない。自分の見たいものを見たいように見る。どんなに言っても経験をしないと見えてこない。

経験したら、そうかもしれない。これもありかもしれないと思うと、状況、未来が変わる。未来は3か月後はあやふやだからね。人が未来を決めるんだ。人の意識や念、行動が未来を決める。未来に何か欲しかったら、今どう動くかを考えるといい。種をまく。それで未来ができる。未来はいく通りもある。これもありあれもありと思ってやったほうが自分にとってプラスだ。

もっともプラスもマイナスも同じもの、表裏一体だから、バランスと考えればいい。そうするとプラスとマイナスがもともとないものだから、そのまんまを見ることができる。そういうもって行き方のほうが動きやすいかもしれない。