次元とは?(3)

―この前の話で、超文明の装置が埋められていて、それは選ばれた人しか開けられないといってたけど、同じような次元のトラップのようなものを仕掛けてあるのかな? 例えば、シャンバラに入るには小さくならないと入れないとか。

アハハハ。(一笑に付される)

―地球ルール装置みたいなものをどこかに埋めているんですか?

違う。人間は時にえらく残酷で無慈悲になるでしょ。地球(自体)は残酷にも無慈悲にもなれないのよ。ヒントといったらそれがヒントだね。その道具ではいけない。原初に立ち戻る。人間はあまりにも忘れすぎている。とてもシンプルよ。自分を愛しましょ、期待するのをやめましょ、選択の自由を取り戻しましょ、この三つだよ。シンプルでしょ。

―次元の話から話題がぐちゃぐちゃになりました、誰がどうにかしてください(笑)

でも人間は好奇心を持っていて使わずにはいられない。それは良いこと、悪いことではなく、良いこと悪いことという観念も人間が考えたことだから。(「われわれさん」から人間を見ると)あら、あんな遊び道具持っちゃって、大変ね、あの子って感じ。

―ときどき考えられないことする人いるでしょ。

その人にとっては画期的なことで、正義でしょ。そして、地球にとっては何一つ無駄なことはない。何一つない。

―でも、地球にとっては我慢できないところに来ているのでは?

っていうか、地球を守りたい者たちからしたら我慢できないことが続いている。そして怒りは頂点に達しつつあるといってもいい。そして天網恢恢疎にして漏らさず(=天罰を逃れることはできない)。隠そうがどうしようが自分自身に嘘はつけない。見ている者に対しても嘘はつけないんだ。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

次元とは?(2)

(前回の続き)だから3か月先の未来はあやふやだけど、今のままならこうなるよ、というのはわかる。お湯をわかしたらお茶を入れるのかという動作がわかるようにね。それ以後はおぼろになる。その人の選択によっていろんな未来ができていくんだ。

いろんな朧の未来が見えるわけです。(能力者でも)それを伝えることはできないわけです。

変えてしまうから。その人の動きひとつで変わってしまうから。だからその人の人生に関われるのはその人だけなんですよ。ヒントや手助けはできても助けてはいけないんですよ。明確なルールです。

―白いシャツを着るのか、紺のシャツを着るのかで違ってくるってこともある。

そう、小さなことでも。例えば3分違っただけで大事故に合わなかったとかある。

―ところで空に現れる次元の裂け目というのはどういう裂け目?

かみなり型かな。丸く開くのは人工的。次元の裂け目は絹を裂くような形になる。

―You tubeのトルコの空の裂け目を見てみて。

これは人工的。この丸は境界線だね。裂け目は二つの間。無理やりに開けた。

―先ほどのCERNの実験をしてからこういう現象が多くなったみたいなことが言われている。マレーシア航空機(2014年3月の墜落事故)は?

あれは違う、あれは政治的、人間的だよ。

昔の実験。7歳から12歳までの子供たちを過去に送り込むんだ。タイムトラベラーのような機械。電子工学?。その実験がどうなったかわからないけど。帰ってこられるよ。時計型の携帯をちょっちょっといじればいろんなことができる。その時のゲートの丸の形にそっくりだ。二つ並んでる真ん中に扉があったじゃない。

光より早く回ったらそこが裂け目になったりする可能性がある。運が良ければ戻って来られるけど。次元が違うと観念が違うからね。(続く)


★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

「次元」とは?(1)

―「次元」って裂け目があったりするの?

あるよ、今は裂け目がいろんなところで如実に表れているよ。

―ヨーロッパで陽子を光速で衝突させる実験を2010年3月ごろから始めている。セルン(欧州合同素粒子原子核研究機構・CERN)陽子を光速で衝突させビッグバンを作り出す実験。とても危険だという話。世界を消滅させる可能性があるという警告もある。次元に穴をあけることになるかも。だから空にとても不思議な穴のようなものが出現したりしている。

私たちはそれを埋めるのに必死ですよ。それはとても危険。

―この実験が始まってから大地震が起きたり、飛行機が行方不明になったり、空に異様な渦巻き、穴が出現したりしていること。その関連はあるの?

日本でもやっているんじゃないかな。二つあるんだ。穴が開くと違う風が入ってくる。地球はここのルールがあるけど、次元が違うとそれが違う。違う風が入るとその帳尻を合わせようとするんだ。やった人間に対しても。

―ネットの噂だけれど、それをやった所長さんは消えて洋服だけが残ったとか…。

真面目にそういうことも起こるよ。死んだわけではなくて、もしそうなら、違うところに行った可能性もある。生きている者がいる次元でなくては裂け目を利用できない。地球の磁場の中では同じような次元の裂け目ができやすい。宇宙空間なら全く違う裂け目もできる。やはり、ルールがあるんだ。人類ではなく地球という生物のルールがある。木星には木星の、金星には金星の、月には月のルールがあるんだ。

霊山といわれている富士山などで次元の裂け目が開かないようにカラスたちが動いているよ。ヤタガラス。

―次元の裂け目が開きそうなところと、この前に話していた前文明の装置が埋まっているところとはリンクしているのかな。

埋めているのは別な話。でもヤタガラスたちは聖域を守るのが役割だから。

―そもそも次元が違うという観念もわからないなあ。

波の幕があるとしてこのこちら側が空気としたら、その波打つ幕の反対側は海、そのぐらいの違いがある。

―時間はないというじゃない、(過去、現在、未来という)直線で流れているのではなく。

「点」だね。

―例えば、今、私がお茶を飲む、またはペンをとる、そのどちらの未来も一緒に存在している。

そのひとつを選んだ瞬間にもう一つの未来はほかの次元になるんだ。あなたの着ているシャツの色が白かもしれない(実際には紺)。この場所が木でできた部屋ではないかもしれない。

―今は小さい差かもしれないけど、どんどん違っていくかもしれない。そして、例えば2000年前に誰かが選択した、またはしなかった次元はこの2000年の間にものすごく離れて違う次元になっているだろうし。

あなたと出会ってない次元があるかもしれないし、恐竜が絶滅していないかもしれない。パラレルワールドとは違うんだよ。(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

時代の節目とノストラダムスの予言

―この会も5年になろうとしているけれど、(見えない世界の話、あちらの世界の話など)こんなことを話ができるようになる、認知されるようになったというのは感慨深いものがあるなあ。

この会では一貫して当たり前の人たちが昔から大事にしている忘れかけていたものとか、今、薄れてしまっているものを言っているよ。なくしてはいけないもの、今後一層自分自身の行動や自分自身が経験・体験するためにとてつもなく役立つ事柄を話しているつもりではある。それはずっと変わらない。地球創世から変わらない。

―今の、一体誰が言ってるの?(※降りてくる者が違う時があるため、発言者は誰?)

変わらないよ。そして人はあくなき探求心と冒険心を使わずにはいられない。

―そういう節目には来ているのかな?

だと思うよ。とてつもなく大きな節目。

―20年くらい前からずっと言われていて、そういうのは現実逃避なのかと思ってたけどね。

1999年はノストラダムスだよ(笑) 

―あれは9.11のことだという人もいるけど…。

違うね。あれ(1999年に恐怖の大王が来る、というノストラダムスの大予言)はもっと先のことだ。それを選ぶかどうかはわからないけど。あの人(ノストラダムス)の本は難解なんだよ。昔の人が未来を垣間見ても、例えば車が走っていてもそれが何かは(当時の人には)わからないからね。(2017年5月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

「あちら」の世界への認識

(今の時代は、見えない世界、あちらの世界への認識が変わり)普通のカテゴリーが変わってきた。普通だったから流してきたけど、なんだろうって考えるようになってきた。

―そんな感覚を持っている人は、その感覚の大小はあってもかなりいたんだと思う。それ(見えない世界が私には見える、etc.)を言えるか言えないかだったけど。

言う時は怖いよ。どこででも、親しければ親しいほど。カミングアウトだよね。でも、今はどんどんカミングアウトしている。周りの流れが変わってきている。世間の意識・認識が変わってきた。

―現実の世界の意識認識も変わってきたから、見えない世界も変わってきたのかな。

こちらの世界の意識が変わってきたので、壁も薄くなってきたでしょうし、それで何か壁の向こうを垣間見ることもあるだろうし、そちらの人物・人材にも会うだろうし。そういうものに抵抗、嫌な感情を持つ者が少なくなったのと、好奇心を持つ者が増えた。好奇心が強くなった。

こちら側のそういうものに対する感情が変わったので、向こうもスルッと入れる、そういうような重なりだと思う。「促し」はあったかもしれないけど、知らないうちに重なって、昔は不信感もあったけれど、好奇心のほうが強くなった。

―それを否定する世の中ではなくなってきたのかな。

大らかっていうか、黒でも白でもないという、グレーな部分に寛容になったっていう感じかな。そういうものに対する感情、感覚が変わってきたというのは(われわれの)悲願だったね。

二種類に分かれてるね、好奇心を持つ人間、それは好意的、もうひとつは利用するという人間、信じる信じないではなく、あると認めるけどね、これは企業とか男性に多いかな。面白いことに男性も受け入れ始めている。

―今、時間が加速しているのと、こういう世界のことも受容できる、寛容性が増してくる、まさにそのスピードが加速している感じがする。

そうだね。企業でもユニークな人、今までは裏でしか動けなかった人たちが前面に出てきている。

―特殊だというのではなく、何かの能力に長けている、つまり速く走れるとかと同じ何だと思うようになってきた。

そう、私なんかは先祖返り。先祖の記憶、認識を忘れていないだけだ。足が速い人とか、海に深く潜れるとか、見たものを一瞬で記憶できるとか、それが能力なんだ。それぞれが特別な能力をもっているんだ。それを人が認識し始めた。自分にはどんな能力があるんだろうと思うといいね。

―私にそういう能力があるということではなく、そういう人たちや興味を持つ人たちと多く接していると、そういう風になってくることもあるよね。

そういう選択もしているってことだ(笑) だから選択というのはとても重要で真剣にするべきだね。(2017年5月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

加速する時間

―見える世界と見えない世界の壁が薄くなっているようだね。

それもあるが、時間が速くなっている。

―(一同で)そうそう!!

自分たちそれぞれの認識の時間が速くなっている。時計の針も見る者によって早くなったり遅くなったりしている。

西暦2000年くらいから言われていた「アセンション」や「次元上昇」の話はあったね。1997、98年くらいからいろいろな動きが始まっていることは確か。

人間の好奇心、恐怖心、もろもろの人間以外の道具、人間の足ではない移動手段、交通手段(バス、車、飛行機)、その中で時間の使い方、観念が変わってきた時代。移動するのに時間がかからなくなる、移動手段が選べる。昔だったら日帰りができなかったけど、できるようになる。そういう時間の感覚。現実的には。それがまずひとつある。

それによって精神的な時間の感覚も変わってきた。つまり、当たり前の感覚になる少し前。今は日帰りが当たり前になっていれば、当たり前のことは言わなくなる。

―日帰りができなかったところができるようになって当たり前になったから気にしなくなったのと同じで、気が付いたら、見えない世界が近くなってきたってことか。

そうそう。抵抗感がなくなった。それもあり、これもありという感覚が人たちの間で増えてきた。

―こういう会話ができるようになったことはすごいこと。20年前はできなかったからね。

雲泥の差だよ。そしてこういう集まりもできるようになったきた。以前は私なんかは異質なものだったけど、だんだんこういう人もいるという認識をされるようになってきた。

―相変わらず違ったものに対しての反発はあるが、そういう人もいるのねという許容範囲が広がったかなあ。

わからないなら、わからないままにしておく、という考え方も見られるようになったね。

―今、情報が過多なのでわからないことが多過ぎるから置いておくしかない(笑)

どういう情報なのか、カテゴリー分けをするのか、選択するのか、または選ばないという選択をする人もいる。20年前くらいは私も含めてある特定の人たちしか正体を明かさなかった。

―それでスーパーのレジをやってたんだよね(笑)

7年やって(私が能力者であることに)気が付いたのは一人か二人だ(笑)。お客さんの中でそっちも能力者だったらしく、「おっ」って気が付いたのはいたが。叩かれるか、利用されるかだったので、隠していたけどね。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

自分と向き合うこと

―ここに毎回皆さんが来てくださるだけでも大きいし、話を聞いてくださるのも大きい。それが積み重なっているんだね。

そのいろんなエネルギー、知りたいっていうエネルギーや、楽しいってエネルギーが固まって、「われわれさん」は神様の元にだって行くだろうし。神様だってこういう勉強会を開いているんだ。どうやったらいいかって。他利願っていって、自分のことを考えていないんだ。人の願いをどうしたらいいかってね。

あまり悪くないよ。少しは揺れたり(=地震)するだろうけどね。

―それではまだ、アジアの戦争の芽も小さくできる可能性はある?

ある、いつだってある。

―でも、どこかで北朝鮮は変わってほしいと思っている。

北朝鮮っていうのは目に映した、(私たち)一人一人の闇の部分を反映しているだけかもしれないよ。そのひとりひとりの闇の部分すらも見て、認めれば、その反映していたその鏡になっていた国が変わる可能性があるよ。

自分と向き合うのは一番きついし、一番つらいし、一番逃げやすくもある。向き合った時には楽になる。どうせ自分から逃げらんないんだから。自分の嫌なところがあったがためにどんな経験を設定されたかなということを見る算段になるし、見た瞬間に変わると思うんだ。変わっていった瞬間に国をも変える力になるんだ。人間は昔からそうしてきたはずなんだ。それは神々にはない力でしょ。だってひっくり返すんだよ。

―生きている人間の力は大きいのか…。

強いよ、我も強いがね。反転させるんだ。マイナスもプラスもないんだ。エネルギーがあるだけ。そのエネルギーがあるんだって信じるのは自分だし、信じ抜いたときに、「自分」になれるわけ。とっても重要なんだ。諦めないでほしい。見えるか見えないかはどっちでもいいんだよ。感じる感じないかだ。

西ノ島が噴火した時に、人間にもまだこんな力があったんだとびっくりした。

噴火が鎮まった時には人間の選択次第なのに、こんなもんかと。人間の思いってこんなもんかなって。まだ、止まるはずではなかったのにと。

で、また噴火したけど、まだ中に溜めているのが二つくらいあるんだ。中でどんどんマグマをめぐらせて力を溜めていたんだ。人間の祈りが少ないけれどもやり始めてたってことだ。そして、後ふたつありますから!

―今日は思いのほか明るいニュースでした。

51日に希望も含めてこんなことが起こるかなって書いてみると面白いかも。次の時がどうなっているかだ。良いことを願って祈ったものがすぐに叶っているんだよ。5月はこんな一か月になってほしいと思えばかなう可能性がある。ミサイルが飛んで来ないといいとか、いい考えが政府に浮かぶといいとか。

―一人一人の思いの力が大きくて何かできるんだって。

一人一人が何かできると認識すると、それが固定化する。そうすると人間は試すしね。一か月ごとに小さくても願い事を書いて試してみるといい。叶うか叶わないかは、自分が信じ抜いている度合いだ。(2017年4月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

笑い、思いのエネルギー

―国が一つなくなるって言ってたじゃない。

そこの国の人たちのいろいろなところを変えないと(国が)なくなる可能性がある。その国に住む人たちの思いのエネルギーが影響するし、その周りの国の思いのエネルギーも攻めようが守ろうが影響する。一番簡単なことは子供たちが笑っていられるような国がいい国だ。笑ってないことを大人が見てみぬふりをしているんだ。未来の要なので子供たちを守らなきゃ。

みんなはきれいなもの、美しいものを人に伝えることをどんどんやってほしい。それは自分が気が付かないうちに広まっている。花が開き始めているんだ。だから神様たちが沸き立ってきているんだ。

―こんな状況の中でも?! だから神様のアピールが強いんだ!

そうなんだよ。それに神様たちのエネルギーも上がっているってこと。人が祈るから上がるんだよ。それがすごく嬉しくて。

―なんだ、いい方向じゃない。好転するんだ。

行動して、動いて、祈りに行く、または楽しくそこで遊ぶ。ニコニコしている。状況はみんながいろいろやってくれたおかげで好転してきているんだ。だから嬉しかったんだ。神様も動けるようになったんだ。

―この会はこの会で、そして知らないところでもたくさんの人が動いているから。

人はニコって笑いかけられると、こちらもにっこり笑ってしまうじゃない。それが大事。

―不安が少し減ったね。

ひとりひとりがやっているということを自覚してほしい。そのおかげで神様も強くなった。神様だって一人ではできないからね。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

古代のアークの存在(3)

―(アークの話題から)それがあってバランスを取っているから動かしてはダメって言うものね。その大事なものはもともとは何?

この文明の前のもの。えっと…、前の前のものかな。かなり古いもの。ただし、科学的なものと、超自然科学的なもの。科学的なものっていうのはここをこうすると動きますっていう、今の科学ではできないけれど、装置みたいなもの。もうひとつは精神的な装置、装置というか、気霊(きだま)、形を変えるもの、エネルギー体、電池みたいなものかな?

―それがないと地球が回らないとか?

地球は回るよ、地球だって生きているんだから。でも、地球の手助けをできるもの。そして、日本のカタチを保つために必要なもの。日本は龍だからそれを鎮めるもの。龍を鎮める玉(あるいは珠)だよ。

―あるよ、あるよ、日本の真ん中、つまり龍体の真ん中に玉が置かれている、玉置神社だよ!!そんな地球の中心があるんだ。玉置神社は行きたいけれど、凄い山の中だし、行きにくい大変なところ。

大変だけれど、行った甲斐はあるところだ。

―ぜひ、地球が収まるように行ってくださいな。

地球は収まらないよ。ただ小さくはなるよ。地球を収めたかったら人の意識を変えなければならない。それが簡単にできるならもう収まっているよ。一人ひとりがどうするかしかない。一人一人の人生で無駄なことはない、経験があるんだけども、やりすぎた感じがある。おしりぺんぺんが始まらないうちに気が付いたほうがいいよ。(2017年4月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 [

古代のアークの存在(2)

―(そのアークというのは)探し出してしまうと、危害が及ぶような代物だったりするのかな。つまり触ったら危ないから隠しているような。

そうそう。触らないでね、っていうのに触りたがるから、フェイクを隠してある。それにまことしやかにこれを持ったら世界を征服できるとか噂が流れてしまっているんだ。そんなことないから。それを持ったらややこしいから。世界を征服したらややこしいぞ~~(笑)宇宙を征服するならいいけど。

―アークはどんなものか想像ができないな。

球体だったり、液体だったり、形を変える、という認識を持っていた方がいい。性質はそのアークに選ばれた人材によって形を変えるから。

―ねえねえ、この文明のものではないでしょ?

もちろん。過去の文明のものだ。

―伊雑宮の森 (※中国大陸と日本が陸続きだったころに伊雑宮の森にとても大事なものをを埋めたという過去の記憶がある…という話題が以前にあった。真偽はもちろん不明。)に埋めたものではないでしょ?

違う。あれは絶対に手を出せない。あなたがたが埋めたものは選ばれた者しか手を出せない。あれも超一級。日本の維持には絶対に必要。絶対に動かしちゃダメ。明治政府以前に動かそうとしたときに大変なことになったから絶対に動かせないと思った。掘って動かそうとしたときに死人が出たから。

―何を埋めたんだか、全くわからないんだけど。私たちは埋めた時に大丈夫だったのかな。それで死んじゃったりしたのかな。

選ばれたから大丈夫だったんだ。で、まだ埋めただけで固めてから起動させたから。まだ眠っているときに埋めたから大丈夫だったんだ。

―私たちは起動させる前だったんだ。スイッチ入れる前だったから大丈夫だったんだ。ハア~~もうSFか、ファンタジーだね。

日本政府は知っているはずだよ。で、どうして痛い目に遭ったのにまたしばらくして手を出したくなるのかな。これがあって大事にしているからいじったらいけないよって誰でもわかるじゃない。日本だけではなく、スイスとかアメリカとか、重要だから手を出してはいけないっていうのに、どうしても手を出そうとするんだよね…。(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング